July 2015  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

薄毛になってからのほうがモテた話

 JUGEMテーマ:ファッション

またまた昨年夏の高校同窓会での話・・・。

高校を卒業して30年も経つと、男子の髪にもずいぶん変化が現れてきます。白髪が増えてきたり、薄毛が進行してきたり・・・。でも最近は、男性でもカラーリングするのが当たり前になってきたり、薄毛も潔くベリーショートにしてしまえばかえって目立たなくなったりと、昔に比べていつまでも若々しく見せるテクニックが浸透してきた感じですね。(^^)v

実際、薄毛が気になり始めた同期生の中には、ボウズスタイルにしているのが何人もいました。今回はその中の一人、M君から聞いたお話を紹介したいと思います。(^^)/


彼は、30代から徐々に髪が薄くなり始めて、ある時期に潔くボウズスタイルにしてしまったそうです。最初はバリカンで短めのボウズにしていたそうですが、そのうちいろいろと面倒臭くなってきたので、さらに思い切ってスキンヘッドに。スキンヘッドにしてからは、毎日電気シェーバーで頭を丸めるのが日課になったそうですが、定期的にバリカンでボウズにするよりも簡単で手っ取り早いとの事でした。(^^;)

さて、スキンヘッドにしてから気になり始めたのが直射日光。頭皮が日焼けするとかなりしんどいので、春夏は帽子が必需品になったそうです。秋冬も髪の毛が無ければかなり寒いので、結局一年中帽子を着用するようになったとか・・・。

そこで、ちょっとオシャレな帽子を購入したら、今まで着ていた服じゃコーディネイトのバランスが悪くなってきたそうなんです。なので、オシャレな帽子に合わせて、チョッとオシャレな洋服も購入し始めて、次第に洋服のバリエーションも広がっていったとか。

さらに、秋冬は襟元が寒いので、ストールやマフラーなどを巻いていたら、周りの女性達から「髪があるときよりも、今のほうが断然カッコいいよ!」なんて言われるようになったとか?!40代後半にして、思いがけないモテ期の到来です!!!(*^^*)v


このM君の事例、皆さんにスキンヘッドになる事をオススメしているわけではありません(笑)。40代後半にさしかかって、「もうオッサンだし、服とか髪型とかどうでもいいや・・・」なんて考えてしまう方も案外多いかも知れませんが、今までよりもチョッとだけオシャレに気を使う事で、まだまだオトナのオトコの魅力を発揮することが出来る!という事をお伝えしたいのです!




もう一人、私の中学時代のある後輩(こちらもM君)も、以前は服装には全然気を使わない地味なタイプだったのが、40代を過ぎたある日、突然ファッションに目覚めて、チョッとカラフルでオシャレな洋服や帽子、さらには伊達メガネやアクセサリーを身につけるようになりました。

最初の頃は、それまでの彼のイメージとあまりにも違いすぎるので、知人達が「一体どうしちゃったの?」と、笑う者までいたようです。しかし、そのうちオシャレな服装も最近ではすっかり板についてきて、「今日もカッコいいね!」と、周りからファッションを褒められるようになってきたとか。(^^)v


オトナの男性が今までの服装や髪型を思い切ってチェンジするのは、やはりかなりの勇気が必要です。最初の頃は家族や友人から否定的な意見もあるかも知れません。でも、そんな雑音をほんの数ヶ月の間辛抱していれば、周りの目も次第に馴染んできて、「この人はオシャレな人」というイメージが定着してしまうのです。

そうなってしまえばもうこっちのモノ!思う存分オシャレを楽しんで、モテ期の到来を期待しようではありませんか!


服装だけでなく、髪型だって同じ事。「少し薄くなってきたし、髪型なんてどうでもいいや・・・」なんて思わないで、まずはお近くの理容サロンにご相談ください。勇気を出して「薄毛を目立たなくして、若々しくみえる髪型に出来ないものでしょうかね?」なんて相談してみたら、思いがけず変身できてしまうかもしれませんよ!

カッコいい髪型にチェンジできたら、雰囲気に合った服装にチャレンジして、いつまでも色気のあるイイ男であり続けましょう。理容サロンは皆さんのそんな「ほんの少しの勇気」をお待ちしております!(^o^)/





カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


「玉造温泉が育毛に効く!」の考察

 JUGEMテーマ:健康

 いろいろあって半年間もブログを放置しておりました・・・。
いつも読んでくださっていた皆様、本当に申し訳ありません。m(_ _;)m

そんなわけで、復活最初の記事は、前回に続いて同窓会ネタです(苦笑)。


 昨年夏に開催された高校の同窓会。卒業してから30年も経ってしまうと、みんなすっかり大人になっていて、いい意味でも悪い意味でも、容姿がずいぶん変化した同級生男子が何人もいました。(^^;)

自分も理容師という職業柄、同級生の髪型は気になるところですが、中にはほとんど真っ白になっていたり、薄毛が進行していたり、それをカバーするためにスキンヘッドになっていたり・・・と、みんな年齢相当の貫禄がつき始めている様子でした。(^^)v

そんな中で、ある女子(前回記事のYさん)が、「玉造温泉のお湯って育毛にも効くんじゃないかしら?」みたいな事を話していたのがとても興味深く、なるほど!と思ってしまったのでご紹介したいと思います。




 彼女によると、「玉造温泉って、女性には美肌の湯としてとっても人気だけど、夫婦連れで来ている人達を見てると、奥さんは温泉をたっぷり楽しんでいるのに対して、旦那さんはサッと上がって、後は奥さんがお風呂から出てくるのをボーっと待ってるだけみたいなパターンをよく見かけるのよ。」との事。

「玉造温泉としても、もっと『育毛にも効果が期待できます!』というPRをして、薄毛が気になってる旦那さんたちに、温泉のお湯をたっぷりと頭からかけてもらうような事を仕掛けたほうが絶対イイと思うのに。」という話に感心してしまいました。

しかも、彼女の話によると、「だって、玉造温泉の旅館の経営者さん達は、みんな髪の毛フサフサなのよ!」との事。その話を聞いていた玉造温泉の経営者さんたちを知っている男子も「そういわれればそうだよな〜。」と納得。

これは、「玉造温泉をさらに盛り上げるビジネス的な話」として彼女が主張していたのですが、自分は育毛という観点からも十分魅力的な話に聞こえたのです。(*^^*)




 そこで、温泉の育毛に対する効能について、自分なりに考察してみました。


 まず、「温泉の美肌効果」があるということは、保湿、血行促進、ミネラル成分の効果などにより、肌の新陳代謝を促して老化を防いでくれるという事。実際に、玉造温泉のお湯は、「姫ラボ」という化粧品シリーズとして販売されているほど美肌効果が期待できる成分が含まれているようなのです。玉造温泉の旅館経営者の皆さんの髪の話が本当ならば、今後、男性にもますます人気が出る可能性もありますよね。そのうち「殿ラボ」なんて育毛剤なんかも出たりして・・・?!

女性の肌をキレイにするという事は、男性の頭皮に対しても「頭皮の老化予防」に効果が期待できるという事!つまりは、育毛効果も十分期待できるハズなのです!(^^)/

実際、男性の薄毛の二大原因とは、「頭皮の老化」「男性ホルモンの影響」であるという事が知られています。育毛剤としては、前者はリアップ(ミノキシジル)、後者はプロペシア(フィナステリド)が効くという事が確認されています。

温泉のお湯で男性ホルモンの影響を防ぐ事はもちろん困難ですが、頭皮の老化を防ぐ効果は十分に期待できると思うのです!

実際、リアップをはじめとするミノキシジル系の薬は、元々は「血圧降下剤の副作用で毛が生えた」という所から開発されており、頭皮の毛細血管を拡張する効果により毛根に十分な栄養(血流)を与える事で抜け毛を防ぐことが出来ると考えられています。これは、温泉のお湯でも似たような効果が十分に期待できるのではないでしょうか?

また、肌の老化を防ぐのには「保湿」が非常に重要なのですが、温泉の成分による保湿効果で、女性の肌だけでなく、男性の頭皮もいつまでも若々しく保てる可能性が期待できるんですよね。おそらく、「美肌の湯」として人気のある玉造温泉のお湯ならば、きっとかなりの効果が・・・。(*^^*)v




さあ、薄毛が気になり始めた男性の皆さん、温泉旅行に行った際には、頭からたっぷりと温泉のお湯を浴びようではありませんか!これから温泉育毛ブームが到来して、夫婦で温泉旅行に出かけても旦那さんの方が奥さんよりも長湯になったりして。(^^;)





カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


「シャンプーするとハゲるわよ!」の考察

JUGEMテーマ:健康

夏にあった高校の同窓会での事ですが、同窓生のある女子(Yさん)が周りの男子に向かって「シャンプーするとハゲるから、出来るだけシャンプーしないほうがいいわよ!」と、しきりに「シャンプーしない教」の布教活動(?)をしているではありませんか?!(^^;)

彼女の話によると、職場の上司や同僚の中に4名ほど「シャンプー剤を使わずに、お湯だけで洗髪をしてる」という男性がいるそうなんです。そして、その4人の皆さんは薄毛が進行しないで、しっかりと髪の毛が残っているとのこと。さらに、その4人以外の方はけっこう薄毛が進行している方が多いといった事実から「シャンプーを使わずに洗髪したほうが絶対いい!」という結論を導き出したとか?!


確かに、ネットで調べてみると「お湯だけで洗髪する育毛法を実践してます」といった記事も結構見つかります。ある学者さんなどは「人間だけがシャンプー(合成洗剤)を使っているから、人間だけが薄毛に悩まされている。だから洗剤で頭を洗わないほうが良い。」といった事を提唱していたりします。実際に、当店のお客様の中にも「家では出来るだけお湯だけで洗髪している」という方も数名いらっしゃいます。

さて、これに対する私の個人的な見解を述べたいと思います。(^o^)/

まず先に結論から申し上げると、シャンプー剤が悪いのではなく、不十分なすすぎによって頭皮に残留したシャンプーやリンスが頭皮を傷める場合があるという事が言えると思っています。

このブログでもご紹介した事がありますが、正しいシャンプーの仕方正しいシャンプーの仕方(育毛編)を実践して十分過ぎるほどのすすぎを心がけていれば、おそらくシャンプー剤による頭皮のダメージはほとんど回避できると思うのです。(^^)v

ただし、男性の薄毛の二大原因は「頭皮の老化」「男性ホルモンの影響」なのですが、シャンプーによる影響があるとすれば頭皮の老化を進行させる場合があるということがいえますね。男性ホルモンの影響で薄毛が進行している方の場合、シャンプーの仕方にいくらこだわってみても、なかなか症状が改善されない事もあるので、他の育毛剤(プロペシアなど)の併用などの検討が必要かもしれませんので悪しからず。。。まあ、ほとんどの方が複合的な要因によって影響を受けていると思われるので、シャンプーの仕方はそのうちの一つの要因を多少改善できる程度だと思っていたほうがよいでしょう。(^^;)





普段は出来るだけシャンプーを使わないでお湯だけで洗髪しているというお客様に実際にお話を聞いてみると、「夏場は痒くなって結構つらい」「頭皮の臭いがとっても気になる」とのことで、お湯だけの洗髪では十分に毛穴の汚れを取り除く事が出来ないための弊害も出ているようなのです。

私自身も試してみた事がありますが、皮脂の分泌が多い私の場合、毛根に溜まっている油汚れ(酸化した古い皮脂)がキレイになっていないと、痒みを通り越して軽い痛み(?)をなんとなく感じる上に、抜け毛も通常より多くなってしまうと実感しました。なので、私のような皮脂の分泌量が多い方の場合には、やはりシャンプー剤を使って頭皮の汚れをしっかりと洗い流した方が育毛には有効だと思われます。

また、皮脂の分泌量は個人差がかなりあるのですが、逆に頭皮が乾燥しすぎるのも良くないと言われているので、「もともと乾燥気味の頭皮タイプの方は、シャンプーをあまり使わないほうが良い場合もある」のではないか・・・という事が言えると思います。当店のあるお客様が昔、毎日シャンプーしていたら抜け毛がすごく増えたので皮膚科のお医者さんに相談してみたところ、「あなたの場合、毎日のシャンプーは控えたほうがいいですね」とアドバイスされたそうです。そのお客様は皮脂の分泌量がかなり少なめな乾燥気味の頭皮なので、現在では一週間に一度のシャンプーで良い状態を保っているそうです。(^^)


結局、何よりも大切なのは自分の頭皮のタイプ(皮脂の分泌量)を知った上で、それに合った方法でシャンプーを実践する事だと言えます。十分なすすぎが大切なのは最初にも述べましたが、逆に、髪の毛だけシャンプー剤でしっかりと洗っていても、肝心の頭皮が全然きれいになっていないような洗髪をしている方も男性には案外多いようです。皮脂の分泌量が多いタイプなのにこんな洗髪をしていては、いくらしっかりすすぎに気を使っていても育毛効果が期待できません。。。また、皮脂の分泌量がそれほど多くない方の場合は、シャンプー剤を水で薄めて使うとか、シャンプー剤を使う回数をコントロールして、お湯だけで洗髪する方法と併用するのもよいと思います。(^^)/




さて、皆さんの頭皮タイプはどちらでしょうか?

もし、ご自分でよくわからない・・・という場合には、お近くの理容サロンにご相談してみてください。お店によっては頭皮をチェックするマイクロスコープなどもあると思うので、的確なカウンセリングとアドバイスをもらえるはずですよ!ついでにサロンでヘッドスパなどのメニューも利用して凝り固まった頭皮をしっかりと揉み解してもらえば、きっと頭皮もさらに良い状態になりますね。(*^^*)v





 

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


12345>|next>>
pagetop