June 2014  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

お金をかけない育毛のアドバイス

JUGEMテーマ:健康

 最近、お客様から育毛に関する相談を受けることが多くなってきました。40代・50代の男性ならば、若い頃に比べると髪のコシもなくなって毛が細くなり、次第に抜け毛の数も気になりだして「何かしらの対策をしたほうがいいのかな・・・。」なんて思うようになってくるみたいですね。(^^;)



そんなお客様には私なりの考えでアドバイスをさせていただいているのですが、今回はその内容をご紹介したいと思います。(^^)/


 まず、抜け毛が気になり始めたお客様からは「育毛剤ってやっぱり使ったほうがいいんですか?」というご質問が一番多いです。現在、育毛剤でかなり効果が期待できるということが公認されているのは、リアップ(大正製薬)とプロペシア(病院で処方)の二つだけです。以前にもこのブログで記事を書きましたが、2010年に日本皮膚科学会が男性型脱毛症(AGA)についての診療指針をまとめています。これによると、5段階評価のうち最も高いA評価となったのは、ミノキシジル(リアップの有効成分)とフィナステリド(プロペシアの有効成分)のみとなっています。詳細については当ブログの過去記事「育毛効果A評価!ミノキシジルとフィナステリド」をご覧になってください。

 で、それ以外の育毛剤は効果が期待できないの?ということになってしまいますが、どうやらそんなこともないようです。薄毛の症状・要因は人それぞれで、安い育毛剤でも劇的に効果があった!という方や、高価な育毛剤を何年も使っているのに全然効果が感じられない・・・という方も。。。いろいろな育毛剤を試してみて、たまたま自分の症状にピッタリとマッチした物に出会うことが出来れば、期待以上の効果が上がる場合もあるみたいなんですね。(^^)v


 いずれにしても、リアップやプロペシアはけっこう費用がかかるし、副作用の心配もあるということで、なかなか使用に踏み切れない方も多いのが現状の様だし、どちらかといえば「薄毛は気になるけど、出来るだけお金はかけたくない・・・」というのが世の男性のホンネですよね。

 そこで、私は薄毛に悩むお客様には「1,000円ぐらいで買える安い育毛トニックでもいいんですよ!」とアドバイスさせていただいています。(^^)

 低価格の育毛トニックでも何らかの血行を促進する成分が配合されているので、その効果にチョッピリ期待しながら頭皮のマッサージを習慣づけることで、更なる血行促進&頭皮の老化防止を目指すのです。頭皮マッサージだけをやろうと思っていてもなかなか続かない方がおおいようなので、育毛トニックはマッサージのきっかけとして使用するのです。お風呂上りにシューッとトニックを吹き付けて、メントールの爽やかな刺激がクセになってくると、自然と頭皮をマッサージしたくなってくるものなのですよ。(^^)/



 あとは、毎日のシャンプーの仕方もかなり重要で、頭皮を傷つけないように、もみほぐすようにしっかりと洗って、十分すぎるほどのすすぎを心がけましょう。詳しいやり方は当ブログの「正しいシャンプーの仕方について(育毛編)」をご覧になってください。

 そして、お風呂上りのマッサージも大事ですが、シャンプーのときにも頭皮をしっかりとマッサージしてあげましょう。最近のシャンプーのCMはやたらと「ヘッドスパ」というフレーズが出てきますが、これは、「シャンプーしながら地肌のマッサージをしましょう!」ということなのです。指の腹を使って、小さな円を描くようなイメージで、頭皮を上のほうへ徐々に緊張を緩めてあげるようなマッサージが効果的だと思います。

 さあ、いかがでしょうか?丁寧なシャンプーと、シャンプー中のマッサージ。そしてお風呂上りのトニックをきっかけにテレビでも観ながらのんびりと頭皮マッサージ。これだけでリアップ(毛細血管を拡張する薬)を使うのとそれほど変わらない効果が得られるかもしれませんよ!(*^^*)


 最後に、個人的に感じているのは、「ドライヤーで頭皮を乾かすのは意外と重要」ということです。時々「ドライヤーは髪に良くないから使わない」という方もいらっしゃいますが、ドライヤーが髪を傷めるという都市伝説(?)は、70年代・80年代にパーマが大流行した頃に、クルクルになった髪をドライヤーの熱で伸ばしながら30分もかけてセットしていたからであって、当時のパーマ剤のダメージ+ドライヤーの熱を長時間あてていたために髪が痛んでいたわけです。髪や頭皮を乾かす程度の使用なら全然怖くありません。むしろ、いつまでも頭皮が濡れた(蒸れた)ままの状態の方が、雑菌の繁殖を促したりするので、シャンプー&マッサージの後には、頭皮だけでもサッとドライヤーで乾かしましょう。同じ理由で、汗をかいて頭皮が蒸れているときには、出来るだけ早めにシャンプーで汚れを洗い流して、ドライヤーで乾燥させましょう。もちろん、頭皮が乾燥してカサカサになるほどのドライヤーのあて過ぎは禁物です。(^^;)


 以上、ざっとご紹介したシャンプー&マッサージ&ドライヤーは、私自身が中学生の頃からなんとなくずっと実践していることだったりするのですが、私の父(←夜遊び好きのため、風呂嫌い。。。)は早くから薄毛だったので、自分もいずれは髪が薄くなるんだろうな・・・と、若い頃から覚悟していたにもかかわらず、47歳になった現在でも、とりあえず髪の状態はしっかりしていたりします(喜)。なので、この方法をお客様にご紹介しても、「なるほどね〜、マスターが言うと説得力があるよ!」なんて言ってくださるお客様も。。。(*^^*)v


 というわけで、頭皮のケアを実践してみたいという方は、まずはお近くの理容サロンにご相談してみてください!薄毛をカバーするヘアースタイルの提案から、日常のお手入れの仕方まで、きっといいアドバイスが得られると思いますよ。あまり重く考えないで、気軽に気持ちいいスカルプケアを楽しみながら、いつまでも若々しく活きましょう!p(^^)q


 

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


理容サロンで眉毛を整えて男前アップ!

JUGEMテーマ:ファッション

皆さんは普段、眉毛のお手入れはどのようにしていらっしゃいますか?器用な方なら「自分で定期的にやってるよ!」という場合もあるでしょうが、多くの男性は「眉毛の手入れなんて考えたことも無いや・・・」という感じではないでしょうか?

数年前までは、若い男性を中心に細眉ブームが続いていました。これは、明るめのヘアカラー(いわゆる茶髪)の流行と共に、眉毛だけが妙に目立ってしまうのを防ぐため・・・という側面もあったわけですが、茶髪ブームもすっかり過ぎ去ってしまい、現在は若い男性の間でも黒髪が主流になってきました。そんな流れの中で、眉毛の形も最近はまた少し太めのデザインが主流になりつつあるようです。

とはいっても、何もお手入れしてないボサボサ眉のままではチョッとだらしなく見えてしまうこの時代。かといって、自分ではなかなか上手に出来そうにないし・・・という中高年の皆さんにとっては、理容サロンで眉毛を整えてもらうのが一番の近道なのです!(^^)/

ですが、普通に散髪して、髭剃りしてもらうだけだと、基本的に眉毛の周りの産毛だけを剃るので、眉毛の形が大きく変わることはありません。「眉の下は剃っておきましょうか?」と聞かれて、「どうしようかな・・・」というぐらいではないでしょうか?

ですが、眉毛の形をきっちりと整えると、顔の印象が大きく変わります。目元がキリッと際立って、スッキリとした明るい印象になり、若々しく見られるようになるのです。たとえばこんな風に・・・


まずは、何もお手入れしていない状態の眉毛です。



カミソリで形を整えた状態です。

いかがでしょうか?眉毛の形を整えただけで、顔の印象がとってもキリッと引き締まったのがお分かりでしょうか?

この眉デザインでOKの場合は、少し長くはみ出した毛をハサミで丁寧にカットして仕上げますが、このお客様(20代男性)の場合、かなり細めの眉がお好みなので、さらにシャープな眉を造っていきます。


カミソリで整えた後、ハサミで眉毛の長さを短めに調整していくとこんなにシャープな印象になります。大人の男性の場合、ここまで細めの眉はチョッとやりすぎな感じなので、くれぐれもデザインは担当者の方とよく相談して決めてくださいね。(^^;)



このお客様は、さらにハードなイメージを好まれるので、片方の眉に三本のラインを追加しました。こんな遊び心のある眉デザインも、自分でやるのはチョッと難しいかもしれませんね。(^^;)


さて、いかがでしょうか?たかが眉毛、されど眉毛。髪型だけにこだわるのではなく、理容サロンでシェービングしてもらう際には、こんな風に眉毛のデザインにもちょっぴりこだわりを持ってみるとグッと男前が上がると思いますよ!担当理容師の方に、とりあえず「眉毛をチョッとだけ整えてほしいんだけど・・・」と言ってみると、あれこれ相談に乗ってくれるはずです。(^^)v

特に40代以降になると、なぜか眉毛の中に数本妙に長く伸びる毛が出てきたりします。これを放置しておくと、なんだか老けた印象が強調されてしまいがちです。また、眉毛の中に数本の白髪があったりするだけで、かなり老けた印象になってしまいますので、白髪の本数が少ないうちは根元からハサミでカットしてもらいましょう。たったこれだけのことでも見た目年齢がグッと若くなること請け合いですよ!(*^^*)/


ちなみに当店の場合は、この眉毛のデザインもシェービングメニューに含んでいるので追加料金はいただいておりませんが、お店によっては追加料金が発生する場合もあるかもしれませんので、事前に確認しておきましょう。また、「散髪はしないけど眉毛だけ整えてほしい」というご要望にもお応えしていますので、気軽にお問い合わせください。

さあ、これまで眉毛のお手入れに興味が無かった皆さんも、次回の散髪の際にはぜひチャレンジしてみてくださいね。お近くの理容サロンがカッコいい眉毛をデザインいたしますよ!(^^)v



 

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


西島秀俊の髪型を注文するコツ(MOZU編)

JUGEMテーマ:ファッション

TBSの木曜ドラマ「MOZU season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」に出演している西島秀俊さん。1971年生まれで現在43歳だそうですが、男性にも女性にもすごく人気があるようですね。以前もこのブログで西島秀俊さんの髪型について書いた事がありましたが、当時のヘアスタイルとは少し変わってきているので、またまた解説してみたいと思います。あのさりげないカッコ良さをマネしてみたい男性も多いのではないでしょうか?(*^^*)/



西島秀俊さんの髪型の特徴は、なんと言ってもアシンメトリー(左右非対称)な前髪ですよね。以前は右側を短くしていたようですが、最近は左側を短くしていますね。そして、全体的に以前よりも短めなスタイルになっています。

西島秀俊の髪型をマネしてみたいという方は、この前髪の雰囲気だけ決まればほぼOKというぐらい、非常に特徴的です。西島秀俊さん自身も、きっとこのアシメな前髪にとってもこだわりがあるんでしょうね。

さて、ヘアサロンでこの西島秀俊風アシメな前髪を注文する際に、スタイリストさんにどうやって伝えればいいのでしょう?

一番確実なのは、スマホなどで写真を持参して「こんな前髪にしてください!」という方法。でも「芸能人の写真を見せて注文するのはなんだかはずかしい・・・」という大人の男性は多いハズ(笑)。なので、写真ナシで注文する際には「前髪は眉毛のあたりで切ってください。で、真ん中から左半分(好みによって右でも可)だけかなり多めに梳いてください。」と伝えてみましょう。出来れば「西島秀俊風にしたいので・・・」と付け加えるとベストですが、それを悟られるのがイヤな方は黙っていても、勘のいいスタイリストさんならば上手い具合にアシメな前髪を作ってくれるはずです。もしも前髪のアシメ具合が中途半端になった場合は、思いっきり梳いてもらった方の毛先を少しだけカットしてもらいましょう。(^^)v



トップは「立たない程度に短めに」、耳周りは「耳にギリギリかかるぐらいで」、襟足は「刈り上げない程度に短く」、モミアゲは「厚めで自然に残して」、と伝えれば、MOZUバージョンの西島秀俊風の髪型が完成です!

 また、このように部分的に注文するのが面倒だという方は「刈り上げない程度に普通にカットしてください」とだけ伝えてもかなり近い感じになると思います。最初は耳周りがスッキリしすぎているかもしれませんが、1週間ぐらいするとちょうどいい感じに伸びてくるはずです(笑)。でも「前髪アシメ」「モミアゲは自然に残して」だけは必ず伝えましょう!(*^^*)v



西島さんのように髪質が硬くてほんの少しクセのある方ならカットだけで大丈夫ですが、サラサラの直毛の方の場合はごく緩めのパーマをかけたほうが雰囲気が出ると思います。サラサラヘアーのままだと、もしかしたらノンスタイル井上風になってしまうかもしれませんので気をつけてくださいね(汗)。(^^;)

最後にスタイリングの仕方ですが、前髪を短くした方から長い方へ向けて自然に流すだけでOKです。チョッとボサボサなぐらいがMOZU風で男らしいと思います。スタイリング剤は特に必要ないと思いますが、お好みで少しだけ柔らかめのワックスなどを使っても良いかもしれませんね。トップがあまりペタッとしない程度にふんわりさせましょう。(^^)/



さあ、ドラマやCMでも大活躍中の西島秀俊風ヘアスタイルの要素をちょっぴり取り入れて、あなたもさりげなくカッコいい大人の男を演出してみませんか?
男らしい髪型ならば、やはりお近くの理容サロンにお任せください!(^^)v


 

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


12345>|next>>
pagetop