September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

50歳を超えても30代に見える生き方

JUGEMテーマ:オススメの本


 最近、医学博士 南雲吉則 先生の本が話題になっていますね。何冊も出版されていて、書店でも「南雲吉則コーナー」が設置されたりしているようですが、基本的にはすべて「アンチエイジング」について書かれた本のようです。

 私もこうして「男のアンチエイジング」に関するブログを書いているので、その中の一冊「50歳を超えても30代に見える生き方」を購入して読んでみました。(*^^*)

 ページを開いて「まえがき」を読んでいると、さっそくあの写真が出てきました。





 テレビや週刊誌などでも何度か拝見していましたが、20年前の南雲先生の写真ですね。現在の南雲先生(56歳!)が30代だといわれても納得できるぐらい若々しく見えるのに比べて、20年前のリアル30代のころの写真は、逆に50代といわれても不思議じゃないぐらいにオッサンっぽく見えてしまいますよね(失礼)。(^^;)

 この本の中には、「生活習慣によって寿命が縮む」として、喫煙や不摂生によって細胞が傷つけられ、それを修復する度に染色体のテロメアという部分がすり減ってしまうことでDNAの複製が正常に行われなくなり、寿命を縮めてしまったり、癌ができてしまったりする・・・ということが書かれています。また、「免疫を高めすぎてはいけない」「運動しすぎてはいけない」「食事のとり方を変えれば寿命が延びる」といったことについてもいろいろな角度から詳しく解説されています。(^^)

 なので、この本を読んで内容をしっかりと実践すれば、とても健康な体になることができることだろうと思います。まさに「体の中からのアンチエイジング」といったところでしょう。南雲吉則先生は「健康な状態を維持し続ければ人間は120歳まで生きることができる!」と述べています。「元気で長生き」を目指している方は、できることから少しずつ実践してみることをオススメしたいと思います。いきなり南雲先生とまったく同じ生活をするのは、かなり厳しいでしょうからね。(^^;)


 さて、この本の内容は結局「体の中からのアンチエイジング」を中心に構成されているわけですが、例の20年前の南雲先生の写真から現在の若々しい姿に変身するためには、ただ「健康になる」だけでは少し足りないということに気がつきました。現在の南雲先生が「50歳を超えても30代に見える」重要なポイントは、ズバリ「髪型」「ヒゲ」「メガネ」にあると思えるのです。(^^)v


 20年前のパーマをかけた(?)バックスタイルは、当時の流行でもありますがどちらかといえば「大人っぽく見せるためのヘアースタイル」だったと思うのです。ヒゲに関しても、おそらく「若く見られると患者さんに不安を与えるから」なんて理由で、実年齢よりも高く見せるためにあえて伸ばしていたのではないでしょうか?私たち理容業界でも同じように、勤めている店のマスターに「あんまり若く見られるとお客様にナメられるからヒゲ伸ばせよ!」なんて強要されることも当時は珍しくありませんでした(苦笑)。

 つまり、30代だった南雲先生は、医者としての「貫禄」を表現するため(?)に、当時はあえて「老けて見せていた」ともいえると思うのです。メガネのデザインに関しても、当時は今のようなお洒落なフレームはほとんど無かったですよね。私も普段メガネをかけていますが、18年前に初めて買ったメガネフレームは、今かけて外出する勇気が持てないほど「いかにも当時のデザイン」だったりします。。。(-_-;)


 20年前に比べて現在のヘアースタイルは、前髪を下ろしたスタイル。トップにもふんわりとボリュームをもたせて、耳に少しかかるぐらいの若干長めな髪型は「若々しく見せるための定番スタイル」といっても過言ではありません。ヒゲもきれいに剃ってあったり、あご下だけ伸ばしたりして、いずれにしてもオジサンっぽくならないように気を使っているようです。また、現在の南雲先生はメガネをかけていない所を見るとコンタクトなのでしょうか?(*^^*)

 生活習慣を改善することによって、スリムになれたり、肌がきれいになったりという効果もあるでしょうし、健康であることからくる「お洒落への意欲」もあるはずなので、結局、外見と中身のトータルバランスが若くなることによって「あの若々しさ」が維持できているのです。





 中身の健康は日々の積み重ねによって時間をかけてじっくりと作り上げていかなければなりませんが、見た目の若さは今すぐにでも実践できると思いませんか?皆さんも、まずはヘアースタイルから挑戦してみてはいかがでしょうか!南雲先生にも負けないような若々しいヘアースタイルならば、やはり理容サロンにご相談ください。お客様を若々しく見せる髪型がきっと見つかるはずですよ!


 いずれにしても、こんなアンチエイジングの本がベストセラーになる時代がついにやってきたのです。男のアンチエイジングの時代がいよいよ始まっているのです!私もこれまで以上にがんばって、もっとお客様に若さを提供できる理容師を目指したいと思っています!p(^^;)q




カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


幸せホルモンで男のアンチエイジング!

JUGEMテーマ:健康


 少し前にテレビでやっていた話ですが、「脳から分泌されるホルモンによって人の体の機能が飛躍的に向上する」というのがとっても気になったので、今回はそんなお話。きっと男のアンチエイジングにも深く関わると思ったので、アンチエイジングという観点からちょっぴり掘り下げてみたいと思います。(^^)/


 「病は気から」と昔からいわれていますが、本当にそういうことはあるものですね。そのテレビ番組では、難病を克服した人の話が紹介されていましたが、「前向きな気持ちになる事」「家族との絆が深まる事」によって、担当医師が驚くほどの回復が見られたそうなのです。病院での治療もさることながら、本人が前向きな気持ちを持つことによって分泌される「ドーパミン」、両親から愛情たっぷりの看護を受けて家族との絆が深まる事によって分泌される「オキシトシン」が、それぞれ非常に強力に作用して病気を克服できたのだろうとの事でした。(*^^*)

 また、アメリカのある地域では平均寿命がとても長い町があったそうですが、調査によると、その町では近隣の人々の交流がとても深く、みんながとても暖かい気持ちで生活していたとの事。そんなストレスの無い状況で分泌される幸せホルモン「オキシトシン」が有効に作用して、町の人々の長寿に繋がっていたのではないかと考えられているらしいのです。しかしその後、時代の流れとともにその町でも近隣の交流が希薄になっていき、次第に平均寿命は他の町と変わらなくなってしまったとか。。。(^^;)


 さて、皆さんは「前向きな気持ち」を持っていますか?家族や近隣の人たちと暖かい交流をして「幸せな気持ち」で生活していますか?不安定で先の見えない世の中や、個人主義が横行する現代社会においては、なかなか前向きな気持ちになれなかったり、ストレスを和らげてくれるような幸せな気持ちを感じる事がとても少なくなっているのかもしれませんよね。(-_-;)

 でも、「もっとカッコ良くなりたい」とか「若々しくなりたい」「オシャレをしたい」なんていう前向きな気持ちなら、誰でも持てると思いませんか?また、「気持ちいい」「癒される」「会話を楽しむ」なんていうささやかな幸せなら、理容サロンで気軽に味わう事ができますよね。実は「理容サロン」はお客様の前向きホルモン「ドーパミン」と、幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を促すのにうってつけの場所だと思うのです!(^^)/

 最近、理容サロンが伸びた髪を切るだけではなく、「癒し」を提供できる場所としてあらためて注目され始めているのも、ストレスの多い現代人にとって「癒し」が必要不可欠になってきたからに違いありません。以前に書いた記事にもあるように、スキンシップはとても大きな癒し効果を与える事が出来るのです。床屋さんでシャンプーやカット、シェービング、マッサージなどをやってもらうことで、幸せホルモン「オキシトシン」がドバドバと分泌されるに違いないのです。散髪しながら会話を楽しむ事ができれば、さらにその効果は増すと思われますね。(*^^*)v

 そんなわけで、健康で長生きするためには「前向きな気持ち」と「幸せな気持ち」を手軽に体験きる「理容サロン」にこまめに通うことが案外効果的なのではないか・・・という、少々強引な論法でしたが(笑)、まんざら間違いではないと思いませんか?ドーパミンとオキシトシンの作用で老化にブレーキがかけられて、アンチエイジング効果がグッと上がるかもしれませんよ!p(^^)q


 さあ、「髪なんて短くなっていれば何でもいいよ・・・」なんて思っている皆さん。カットだけではなく、シャンプー、シェービング、ヘッドスパ、エステ、マッサージ・・・などなど、いろいろな楽しみ方が出来る「癒しの理容サロン」を、もう一度見直してみませんか?前向きな気持ちでオシャレを楽しむ事によって、ココロもカラダもグッと若返ってくれるかもしれませんよ!(*^^*)/



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


どうせならカッコ良くなりたい!

JUGEMテーマ:ファッション


 たかが髪型、されど髪型。「散髪代もバカにならないし、髪なんて短くなっていれば何でもいいよ・・・」なんて思っていませんか?節約志向が浸透しきった現代の日本では、お父さんのおこづかいが徐々に削られている状況で、中でも「散髪代」は真っ先に「節約できるもの」として挙げられてしまっているようです。(^^;)

 ですが、「どうせお金を払って散髪してもらうなら、もう少し出してでもカッコ良くしてもらったほうがイイ!」という方もまだまだいらっしゃいます。「やっぱり、時間をかけて丁寧にやってもらうと気分も良いし、カッコ良くなったほうが断然若々しく見られるし!」なんておっしゃる当店のお客様にお話を伺うと、「会社の同僚はみんなオシャレに関心がなくなってきてるみたいで、とにかく短くなっていればいいや・・・って感じだけど、それを見ていると逆に自分はもう少しキチンとしたい!って思うんですよね〜」なんていう嬉しいお話が。(*^^*)v

 最近のオトナの男性は、予算の都合もあってか「もうオシャレなんてしなくてもいいや・・・」という意識の方がずいぶん増えてきてしまっているようです。ですが、オシャレに気を使えないでいても、心の底では「できれば若々しく見られたい!」と思っている男性も実はグッと増えてきているようなのです。(^^)/


 では、「若々しく見られる」というのは、具体的にはどういうことなのでしょうか?


 理容師という立場から言わせていただければ、「髪型がなんとなくオシャレでいつもスッキリしている」「眉毛がボサボサに伸びたりしていない」「耳毛がボサボサに伸びたりしていない」「顔(肌)のツヤがいい」・・・などなど、普通に理容サロンに定期的に通っているだけで維持できるような事がほとんどな気がしています。(^^)v

 もちろん、「服装がさりげなくオシャレ」「定期的に運動して体を鍛えている」なんていうこともできればさらに若々しく見られること請け合い!要するに「いつも身だしなみをきちんとしていて、活動的なイメージ」を表現できれば、実年齢よりも若く見られたりするものなのです。(^^)

 さあ、皆さんはいかがでしょうか?「メチャメチャおしゃれ」にならなくても、「さりげない身だしなみ」ぐらいなら、自分でちょっと努力すればなんとかなるのではないでしょうか?器用な方ならば、自分の眉毛や耳毛のお手入れもできるでしょうし、ヘアースタイリングも毎日ちょっと気を使うだけでグッと印象がよくなるはず。そして、定期的に理容サロンで本格的なお手入れをしてもらえばバッチリというわけです。(^^)v


 4年程前にこのブログ「理容サロンで男のアンチエイジング!」を立ち上げた時には、正直まだまだ手探り状態でしたが、最近になって、「男のアンチエイジングを一番提供できる仕事は『理容サロン』なんだ!」ということをあらためて実感しています。そして、世の中のオトナの男性の意識は、確実に「男のアンチエイジング」に向かっていると感じています。


 さあ、もう一度チョッとだけオシャレしてみませんか?若々しく見えるようなヘアースタイルにしてくれる理容サロンを見つけて、どうせならカッコ良くしてもらいましょうよ!お近くの理容サロンが、あなたのアンチエイジングのお手伝いをいたしますよ!(^^)/



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


<<back|<123456>|next>>
pagetop