April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

ヘアーカットのお値段

 近年の大不況で、真っ先に節約の対象に上がるのが「ダンナの散髪代」と「子供の散髪代」というご時世。決して「奥様の美容院代」ではないようです・・・。


 うちの理容サロン「カットルームあだち 比津店」では、現在一般男性のカット料金は3,900円(税込 シャンプー・シェービング・ブロー込)をいただいております。松江市内の理容店の中では、どちらかといえば高い部類に入るとおもいますが、もう15年ぐらい料金値上はしていません。(というより、出来ない世の中になってしまいましたね(-_-;) )


 その昔、松江の理容組合のオジ様方が「松江みたいな田舎じゃ、低料金の散髪屋は流行らないから心配ない!」と豪語しておられましたが、現在は松江のような地方都市でも「低料金のカットサロン」が次第にその数を増やして、かなり人気を集めているようです(^^;)

 カットのみ10分で1,000円というお店や、シャンプー・シェービング込みで2,000円程度のお店まで、この3〜4年の間に市内にも随分と増えてきました。実際に、これまで当店を利用してくれていた私の知人が、奥さんに「あなたの髪なんて1,000円カットで充分よ!」と言われ、渋々行ってきたとか・・・(苦笑)

 実際、サロン側にしてみれば、10分で1,000円なら60分で6,000円の収入になるわけで、うちのように60分で3,900円いただいているよりも、ずっと効率は良さそうです。でも、人口の少ない地方都市の松江で、「朝から夜までずっとお客様が続けてご来店」という状況は考えにくいので、どのぐらい儲かっているのかは謎ですが。。。(でもかなりお客さんを集めているようです・・・汗)



 思えば私自身、東京に修行に出て、理容師の資格をとって、そこそこカットが出来るようになった頃は、カットにかける時間は大体10分〜15分程度でした。バブルが弾ける前だったので、相当景気も良く、お店もかなり忙しかったので「いかに効率よくお客さんを廻すか」が重視されていましたし、カット技術自体も、現在のような「質感カット」や「毛先の表現」などはまだ流行っていなかったので、いわば理容学校の教科書どおりの「揃えて切って、梳いて、ハイ終了!」という感じで、経験未熟でもカットには15分もあれば十分だった時代のように記憶しています。


 しかし、90年代の「シャギー表現」「エアリー表現」に始まり、「無造作ヘア」「質感カット」「毛束感」などの流行で、男性のヘアースタイルにも随分と高度な表現技術が要求されるようになってきました。カットテクニックも、ただ「梳きバサミで梳く」だけではなく、チョップカット・スライドカット・ポイントカット・レザーカット・・・などなど、これまでに比べると随分「手間と時間を掛けた仕事」が必要になってきました。

 そんな「手間と時間をかけたカット」をしていると、やはりカットだけでも30分ぐらいは必要になってきます。「そんなテクニック要らないよ」というお客様もあるかもしれませんが、私自身、最近ではごく普通の「シチサンスタイル」であっても、要所要所にこのような質感カットを施して、さりげない「毛先の表情」だったり「欠点カバー」だったりを盛り込んだ仕事をさせていただいております。そうしなければ、決して「イマドキのヘアースタイル」にならないと確信しているからなのです。


 正直な話、男性の中には「床屋で長時間座っているのが苦痛だ」という方もたくさんいらっしゃるようなので、私がちまちまと時間を掛けてカットしているのを「適当でいいからもっと早くやってくれよ!」と心の中で思っている方もあるかもしれませんが、いまさら「昔のカット」には戻れません!カット技術は時代と供にドンドン進化しているのですから。。。


 随分と長くなってしまい、論点がぼやけてきましたが、結局、私自身、今の自分のやり方に「自信と誇り」を持って、お客様にもっと喜んでいただけるような理容サロンになるように、まだまだ努力を続けていきたいと思っている次第でありますp(^^;)q


 なので当店は、カット料金3,900円が「安い」と感じていただけるような理容サロンをこれからも目指していきたいと思います!





カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

道具屋さん、コメントありがとうございます(^^)/

私も「価値をわかって頂けるお客様」にご来店して
いただけるようにと、この度、気合を入れてお店の
HPをリニューアルしたところです。

このブログやHPを通じて、理容サロンとしてどんどんメッセージを発信していかなければいけないと思い、頑張っておりますp(^^;)q

理容業界はまだまだ多くの可能性を秘めていると
確信しておりますので、道具屋さんからの情報を
これからも期待してます!

商品や雰囲気が違えば値段が違うのは普通の事です。
立ち食いそばと古民家風のソバ屋では、
出されるものも雰囲気も違います。
お客様は支払う金額と内容を比較して高い、安いと言うので、
お客様目線での内容をしっかりしていけば大丈夫ですよ♪
だって、美容室に行っている男性は、
ノーシェーブで4000円以上払ってますしね ヾ(;´▽`A``アセアセ

   

trackback

pagetop