March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

正しいシャンプーの仕方

  皆さんは、自宅でのシャンプーはどんなふうにやっていますか?
「シャンプーなんて誰がやったって大体同じ・・・」と思っていませんか?実は、私も若い頃はそんな風に思っていたのですが、この仕事をしながらたくさんのお客様と話をさせていただいていると、やはりシャンプーも人それぞれのやり方が微妙に違うようなのです。
 そこで今回は、私が「良い」と思っているシャンプーの仕方を紹介したいと思います。

 まず、大きなポイントは
 ◎ 髪を洗うことよりも地肌(頭皮)を洗うことに重点を置くこと。
 ◎ シャンプー・リンス(トリートメント)とも、すすぎは充分すぎる
   ぐらいにおこなうこと。

の2点だと思います。
で、シャンプーの行程を追って説明すると・・・

 1.まず、お湯で十分に頭皮・毛髪を洗い流す。
    ・・・これは、濡らした程度ではいけません。「お湯だけで落         ちる汚れはすべて落とす」ぐらいの気持ちでやってくだ
       さい。ただし、髪が傷んでいて絡まりやすい方は無理な
       力を掛けてはいけません。優しくしっかりすすぐ感じで
       やりましょう。

 2. シャンプーを手のひらに適量とります。
    ・・・温泉などでよく見かけるのですが、髪がそれほど長くも
       ないのに、シャンプーのポンプを3回も4回もプッシュ
       している方がいらっしゃいます。よほど汚れがひどい場合
       は別ですが、大抵1プッシュ程度で充分すぎるぐらいだと
       思います。(1)が不十分な場合は泡が立ちにくいため、
       たくさんつけてしまいがちです。

 3.シャンプーを手のひらで泡立てる感じで、しっかりとのばします。
    ・・・小さなボトルなどのシャンプーの場合、ボトルから直接
       頭にふりかけている方もよく見かけます。シャンプーの
       原液を、直接地肌に擦り込むような事は避けましょう。
       (刺激が強すぎます。)

 4.手のひらのシャンプーを髪の毛全体に塗り広げます。
    ・・・天頂部の方にばかり塗布してしまいがちですが、地肌に
       擦り込まないように髪の表面にまんべんなく均一に塗り
       広げる感じでおこなって下さい。

 5.まず、髪の毛の表面でしっかりと泡立てます。
    ・・・この時も、まだ地肌に擦り込んではいけません。しっかり
       と泡立てましょう。かなり汚れがひどくて、泡が立たない
       様な場合は、この時点で一度しっかりとすすいで、もう
       一度最初から繰り返します。泡が立っていない状態でゴシ
       ゴシ洗ってしまうのは、髪と頭皮を痛めてしまうので注意
       しましょう。

 6.次に、指先の腹の部分を使って、泡を地肌に送り込んでいくような
   感じで、洗っていきます。
    ・・・この時に、いくら痒くても決して爪を立ててはいけません。
       頭皮を傷つけないように、やさしく、そしてしっかりと
       全体をマッサージする感じで洗っていきます。頭皮を傷つ
       けてしまうと、永遠の痒み地獄にはまってしまいます。

 7. しっかりと頭皮全体をマッサージするように洗います。
    ・・・頭皮の毛穴に詰まっている皮脂を押し出すようなイメージ
       で揉むように洗うのが理想的です。ただガーッと擦るだけ
       では髪と頭皮を痛めてしまうだけです。天頂部に向かって
       頭皮を指圧していくような感じでおこなって下さい。

 8.お湯で充分すぎるぐらいにすすぎます。
    ・・・シャンプー剤を頭皮に残しては絶対にいけません。手の
       ひらで頭皮にお湯をたたきつけるような感じで、しっかり
       と地肌にお湯を送り込んでください。シャワーの水圧も
       出来るだけ高めの方が良いです。

 9.リンス(またはトリートメント)が必要な場合は、髪に塗布します。
    ・・・この時もシャンプーと同様、頭皮に擦り込んではいけませ
       ん。リンス剤の方がシャンプーよりも毒性が強いものが多
       いので、必要最小限の量を毛先に向かってのばす感じが良
       いかと思います。

 10.充分すぎるぐらいにすすぎます。
    ・・・リンスやトリートメントは「すすぎ過ぎると意味がない」と
       思っている方が多いようですが、上質なリンス剤の場合は
       髪の表面がしっかりとコーティングされるので、充分に
       すすいでも問題ありません。余分なリンス剤が頭皮に残る
       方が遙かに危険です。また、トリートメントの場合はその
       製品の使用方法にもよると思いますが、塗布後タオルでも
       巻いてしばらく浸透させた後、しっかりとすすげば良いと
       思います。充分にすすいでも、毛髪内部に浸透したトリー
       トメントが完全に流れ出すほどのことはないと思いますよ。


 以上、ゴチャゴチャと書いてしまいましたが、毎日の事だから(毎日シャンプーしてますよね・・・?!)きちんとやらないと、髪と頭皮の健康状態は維持できません。あとは、できるだけ上質なシャンプー剤を使いましょう。質の悪いシャンプーはやはり髪と頭皮を痛めてしまいます。この機会に、もう一度あなたのシャンプーを見直してみませんか?



 ※2006年4月3日カットルームあだちHPの髪コラムに掲載した記事です


カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop