June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

気になり始めた白髪をどうにかしたい

 ここ数年の若い人たちのヘアカラーブームのせいもあってか、オトナの男性もヘアカラー(主に白髪染め)をされる方の割合が、以前よりもかなり多くなってきたような気がします。若い方はホームカラーで「自分で染めている」という場合も多いですが、年輩の男性の場合、「自分で染めるのは面倒くさい」という方がほとんどのようで、当サロンにご来店になるお客様も、カットと一緒にヘアカラーをご注文になる方がたくさんいらっしゃいます。

 とは言っても、「染めるのはちょっと抵抗がある」という方がたくさんいらっしゃるのも事実です。白髪がチラホラ出始めても、最初の頃は自分では「全然気にしてなかった」という方が、「最近、家族に「白髪が増えたね」と指摘されてから、ちょっと気になってきた」「会社の若い女の子に「結構白髪あるんですね〜」と言われてショックだった」というパターンがよくあるのですが、「それでも染めるのはちょっと・・・」と思ってヘアカラーに踏み切れない方がたくさんいらっしゃるのです。

 そんな「染めるのに抵抗がある」という方のために、チョットご提案したいのが「ヘアカラーの疑似体験」です。
まず、白髪が目立たないと、どのぐらい印象が違うのかを体験してみて欲しいのです。皆さんの行きつけのサロンには、ほとんどのお店に「白髪を目立ちにくくする整髪料」や「一時的な白髪隠し用のカラースプレー」があるはずです。大抵、カットに行って最後の仕上げにこれらの整髪料やスプレーを使ってもらっても料金はかかりませんので、サロンでご相談してみて下さい。中にはいきなり「白髪染めしましょうよ」とオススメしてくるサロンもあるかと思いますが、まずは「疑似体験をしたい」と言って断りましょう(笑)。整髪料などの効果でチョット白髪が目立ちにくくなるだけでも、随分印象が違うことにお気付き頂けると思います。確実に5歳ぐらいは若返った印象になるはずです。

 さて、ここでいくつか選択肢がでてきます。
   1.結局、このままなにもしない。自然が一番だと思う。
   2.これからはサロンでカットしてもらったついでに、特別な時だけこの整髪料をつけてもらう事にしよう。
   3.白髪が目立ちにくくなる整髪料を、自分でも購入して使ってみよう。
   4.こんなに印象が違うなら、思い切って染めてみようかな・・・。

 さあ、ここで「思い切って染めてみようかな・・・」と思った方は、是非挑戦してみて下さい。私のオススメは、まずは「白髪ぼかし」からです。短時間で低料金の上、白髪を完全に染めてしまわない(白髪だけグレーに染める)ので、ヘアカラーの入門編としてぴったりです。「とりあえず一回だけやってみようかな・・・」という方でも、下から伸びてきてた白髪との境目があまり目立たないので、「次回からはやっぱりやめにする」という場合にも安心してお試しいただけます。最近ではかなりの理容サロンで取り扱っているので、行きつけのサロンで「白髪ぼかし」やってますかと聞いてみて下さい。(逆にサロンの方からオススメされるとは思いますが・・・。)

 グレー系のカラーしかない「白髪ぼかし」では満足できない、という方、あるいはもっとしっかりと染めたいという方は、普通のヘアカラーメニューをご相談下さい。各サロンによって「酸性カラー」「アルカリカラー」「ヘアマニキュア」などオススメは違うと思いますが、どんなカラーにするのか担当の方としっかり相談の上お試し下さい。最近では年輩の男性の方でも、あまり真っ黒よりも少しだけ明るめの自然な褐色が人気です。多少明るめのカラーの方が顔の表情が柔らかく見える効果があるようです。

 最後にご注意ですが、ヘアカラー(白髪ぼかしも含む)をされる場合、まれに「かぶれ」が起こることがあります。アレルギー体質の方などはご注意下さい。不安な方はきちんと「パッチテスト」をされてからのヘアカラーをオススメします。詳細は各サロンでお尋ね下さい。  

 ※2006年4月18日にカットルームあだちHPの髪コラムに掲載した記事です

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop