May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

次の流行は「ソフトシチサン」なのか?!

 このブログでも何度かご紹介している「ビジ髪 〜ビジネスで成功する髪型の法則〜」という本が、最近TV番組や雑誌など色々なメディアで取り上げられ、大変評判になっているようです。私のブログにも、この本に関するキーワードで検索してアクセスしてこられる方が増えているようです(感謝!)。

 この本では「シチサン」に代表される「ビジネスヘアー(ビジ髪)」の重要性について深く掘り下げられているのですが、詳しい内容については当ブログの過去の記事などを参照していただくとして、今回は「これから本当にシチサンブームが来るのか?」という事について少し検証してみたいと思います。

 いきなり結論から言うと今後「シチサンの流行」はアリだと思います!

 世界的な金融不安など、経済の状態が非常に悪化している昨今、少しでも業績をアップするために各企業もビジネスマンの皆さんも必死な状態だと思います。「ちょい不良オヤジ」がもてはやされた頃の「ミニバブル」もすっかりはじけてしまい、最早、「遊び」や「ファッション」重視のヘアスタイルでは仕事など出来ないと言っても過言ではないのでしょうか?お客様や取引先に与える第一印象、その中でも顔、特にヘアスタイルによる印象は、ビジネスチャンスをモノに出来るかどうかを左右する重要な要素なのです!

 とは言うものの、いきなり「ガチガチのシチサンヘアー」にしてしまうのは「絶対ムリ!」という方のほうが多いのではないでしょうか (^^;)?

 もちろん、いくら仕事重視の髪形であっても「時代に合ったオシャレなイメージ」は必要だといえます。時代錯誤なヘアスタイルでは逆に印象を悪くする事さえあるかもしれません。

 そこで、理容サロンとして提案したいのが「ソフト・シチサン」です!

 「ビジ髪」の著者、柳本哲也さんも本の中で詳しく書いておられますが「いまの時代に適合した、清潔感のある好感度の高いヘアスタイル」「ビジ髪」なのです。「シチサン」と言っても、ヘアカット技術が随分進化した今の時代には、様々なアレンジが考えられます。

 もちろん、キッチリと7:3に分け目をつける必要もありません。自然な流れをつけて、あくまでも「仕事の出来そうなイメージ」を狙いましょう。出来ればオデコはスッキリと出したほうが好感度アップです!

 また、無造作ヘアの流行などで飛躍的に進化した「質感表現」・・・いわゆる「梳き」の多様な表現を駆使すれば、「シチサンヘアー」もグッと現代的でオシャレなスタイルになります。直毛の方などは、非常にゆるいアイロンパーマなどを併用すれば、毎日のスタイリングも楽で空気感のあるヘアスタイルを楽しむ事が出来るでしょう。

 「ソフトモヒカン」が大流行しましたが、次に来るオトナの男の流行ヘアはズバリ「ソフトシチサン」ではないでしょうか?!

 ハードなモヒカンも、ベタなシチサンも「ソフト」な表現で「それっぽい雰囲気」を楽しみながら時代の流れを乗り切っていきましょう!

 まずは行きつけの理容サロンでご相談してみてくださいね!




カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop