April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

ドライヤーは怖い?

 キムタク総理のドラマ「チェンジ」も、昨夜ついに最終回を迎えてしまいましたね。私は、子供の寝かしつけなどでバタバタしていて、肝心の最終回の前半を見逃してしまいました(T_T) でも、とりあえずビデオに録画しておいたので、また今夜にでも見逃した部分をゆっくりと観たいと思ってます。

 以前、このブログでも「チェンジ」の中の木村拓哉さんのヘアスタイルについて書きましたが、あのキムタク総理の「2WAYヘア」についてもっと具体的に掘り下げて見たいと思います。

 ドラマの中では「天然パーマ」という設定なので、キムタクはパーマをかけています。当初、私にはDJオズマのように見えましたが、松田優作さんあたりをイメージしたのかもしれません。ミディアムレングスのセイムレイヤースタイルで、全体に結構しっかりとパーマがかかっているようです。ドラマ「チェンジ」以外では、キムタクもそのままのナチュラルなカーリースタイルを楽しんでいるようです。

 ドラマの中で「朝倉総理」として活躍するシーンでは、そのパーマヘアをドライヤーできっちりとブローして、「仕事の出来るビジネスマン風6:4ヘア」に変身しています。アイロンパーマではなくコールドパーマなので、ドライヤーでしっかりとブローすれば、パーマのカールは伸びて収まりの良いスッキリヘアにチェンジ出来るという仕組みです。

 思えば、昔(70年代・80年代頃?)、男性にもパーマスタイルが大流行していた頃には、世の男性の皆さんもカガミの前で毎日一生懸命ドライヤーとブラシを駆使してスタイル作りに励んでいました。リーゼントスタイルが流行していた頃は「30分ぐらいドライヤーを使ってセットする」なんていう方も沢山いらっしゃいました。現在よりも「ヘアスタイルにコダワリを持つ」男性が非常に多かったのかも知れませんね。

 しかし、その頃に「ドライヤーを使うと髪が傷む」という伝説(?)も出来上がってしまったのです。

 考えてみれば、パーマでダメージを受けた髪に、毎日30分もドライヤーの熱を当てていれば、傷むのは当然の事なのですが、この「伝説」が一人歩きをしてか「ドライヤーは髪や頭皮のために絶対良くない」と信じ込んでいる方が意外と多いようなのです。私のお店のお客様にも、「ドライヤーは絶対に当てないで下さい。自然乾燥がいいです。」と言われる方が何人かいらっしゃいます。

 「ドライヤーはイヤ!」というお客様にムリに使う事はしませんが、個人的には「それほど怖がる事はないのに」と思ってしまいます。むしろ頭皮のためには、長時間濡れたままの状態でいるよりも、低温のドライヤーの風などである程度乾いた状態にしてあげた方が良い気がします(←これは私個人の感覚的な意見なので学術的な根拠はありませんが・・・)。

 また、最近では「PPT」とか「ヒートプロテイン」と呼ばれる、ドライヤーの熱で毛髪にタンパク質が浸透するトリートメントなどが各メーカーから発売されています。パーマやカラーを楽しみたい方は、是非こういったタイプのトリートメントなどを使用してドライヤーを当てると、髪のダメージをかなり軽減できるはずです。TVのCMなどでも見かけますが、行きつけの理美容サロンで相談していただければ、よりお客様の髪質に合った「プロ用ヘアケアグッズ」をアドバイスしてくれる事と思いますよ!

 さらに、結構以前から出回っている「マイナスイオンドライヤー」もオススメです。マイナスイオンというのは未だに正体不明ですが、なぜかしっとりサラサラになります。以前業務用に購入したマイナスイオンドライヤーには「医療物質発生装置」と表記してあったぐらいなので、きっと頭皮にも良いのではないかと思われます(乾燥しすぎないという意味で)。ただし、ボリュームのあるヘアスタイルにしたい場合には、しっとりしすぎて思うようにいかない場合もあるかも知れませんのでご注意ください。

 ドライヤーも髪にダメージを与えないように上手に使って、カッコいいヘアスタイルで毎日を過ごしたいものですね。

クレイツ イオンドライヤー イオフィールスーパーモイストミニ



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop