October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

最近なんだか「疲れ」が取れないんです・・・

 この前の日曜日に、我が子の小学校の運動会がありました(^^)/
私も理容サロンの仕事をスタッフ(母と妹ですが・・・)に任せて、朝から我が子の応援に行って来ました。

 しかし、小学校の運動会なんて、親はただ「観ているだけ」なので特にどうって事ないのですが、子供達の為にやっぱり応援に行ってやらなければいけない・・・。子供の行事や地区の行事は何かと日曜日にあるので、土・日が仕事の私達理容師には結構辛いものがあります(^^;)お店のほうが忙しければお客様やスタッフに迷惑をかけてしまうし、暇なら暇で売上の方が心配だし・・・。

 午後2時半頃、運動会も終盤に差し掛かり、我が子の出番がちょうど全部終わった時点で、店のほうから「忙しいので戻って来て!」と電話がかかって来ました。急いで自転車でお店に戻って、夜まで仕事をして、家に帰ったら、なんだかドッと「疲れ」が出てしまいました。ただ「観ているだけ」でも、日中は結構天気も良く、直射日光が暑いぐらいだったので、40過ぎの体には結構こたえたみたいです(苦笑)30代まではこんな事ほとんど感じた事がなかったのに・・・(_ _;)/

 いつの間にか日々年老いていく自分の体を実感する度に、「このままなんとなく老化していくのはヤバイ」と焦りのようなものを感じてしまう今日この頃。いまのところは自分自身も特に何も対策をしているわけではないのですが、「男のアンチエイジング」というテーマを掲げてしまったからには、何か考えなければいけません(^^;)

 そこで気がついたのが、アンチエイジングの第一歩は「若返る努力をする事」よりもまず「老化を防ぐ事」なんだという事です。完全に防ぐのは難しいとしても、そのスピードが出来るだけ緩やかになるように努力したいものです。

 最近自分も、若い頃のように一晩寝た位では「疲れが取れない」体になってきた事を実感しています。このままドンドン「疲労が蓄積」されていくと、それだけで一気に年老いて行ってしまいそうな気すらします。日々の「表情」や「気合」などに大きく影響してきますからね。

 それならば「日々の疲れを翌日まで持ち越さない事」が「疲れを溜めない事」に繋がっていくのではないかと考えました。では、一体どうすれば「疲れを翌日まで持ち越さない」ことが出来るのでしょうか?

 それは「上質な睡眠」をしっかりとる事や、ゆったりとした「入浴」、充分な「マッサージ」などで筋肉の疲れをしっかりとほぐしておく事で、ある程度は「その日の疲れをしっかり癒す」ことが可能ではないかと私は考えます。30代・40代の男性は、仕事の付き合いなどで、なかなか充分な睡眠時間がとれないと言う方も多いかと思いますが、短時間でも「上質な睡眠」が取れるような「上質な寝具」を使ってみるのも一つの手段だと思いますよ!よくTVなどでも「マクラ」が違うだけで「睡眠の質が変わる」とか言ってますが、本当にそうだと思います。人生の30パーセント位は「睡眠」なわけですから、男性ももっと「眠る事」を真剣に考えても良いかもしれませんね。

カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

   

trackback

pagetop