March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

薄毛になってからのほうがモテた話

 JUGEMテーマ:ファッション

またまた昨年夏の高校同窓会での話・・・。

高校を卒業して30年も経つと、男子の髪にもずいぶん変化が現れてきます。白髪が増えてきたり、薄毛が進行してきたり・・・。でも最近は、男性でもカラーリングするのが当たり前になってきたり、薄毛も潔くベリーショートにしてしまえばかえって目立たなくなったりと、昔に比べていつまでも若々しく見せるテクニックが浸透してきた感じですね。(^^)v

実際、薄毛が気になり始めた同期生の中には、ボウズスタイルにしているのが何人もいました。今回はその中の一人、M君から聞いたお話を紹介したいと思います。(^^)/


彼は、30代から徐々に髪が薄くなり始めて、ある時期に潔くボウズスタイルにしてしまったそうです。最初はバリカンで短めのボウズにしていたそうですが、そのうちいろいろと面倒臭くなってきたので、さらに思い切ってスキンヘッドに。スキンヘッドにしてからは、毎日電気シェーバーで頭を丸めるのが日課になったそうですが、定期的にバリカンでボウズにするよりも簡単で手っ取り早いとの事でした。(^^;)

さて、スキンヘッドにしてから気になり始めたのが直射日光。頭皮が日焼けするとかなりしんどいので、春夏は帽子が必需品になったそうです。秋冬も髪の毛が無ければかなり寒いので、結局一年中帽子を着用するようになったとか・・・。

そこで、ちょっとオシャレな帽子を購入したら、今まで着ていた服じゃコーディネイトのバランスが悪くなってきたそうなんです。なので、オシャレな帽子に合わせて、チョッとオシャレな洋服も購入し始めて、次第に洋服のバリエーションも広がっていったとか。

さらに、秋冬は襟元が寒いので、ストールやマフラーなどを巻いていたら、周りの女性達から「髪があるときよりも、今のほうが断然カッコいいよ!」なんて言われるようになったとか?!40代後半にして、思いがけないモテ期の到来です!!!(*^^*)v


このM君の事例、皆さんにスキンヘッドになる事をオススメしているわけではありません(笑)。40代後半にさしかかって、「もうオッサンだし、服とか髪型とかどうでもいいや・・・」なんて考えてしまう方も案外多いかも知れませんが、今までよりもチョッとだけオシャレに気を使う事で、まだまだオトナのオトコの魅力を発揮することが出来る!という事をお伝えしたいのです!




もう一人、私の中学時代のある後輩(こちらもM君)も、以前は服装には全然気を使わない地味なタイプだったのが、40代を過ぎたある日、突然ファッションに目覚めて、チョッとカラフルでオシャレな洋服や帽子、さらには伊達メガネやアクセサリーを身につけるようになりました。

最初の頃は、それまでの彼のイメージとあまりにも違いすぎるので、知人達が「一体どうしちゃったの?」と、笑う者までいたようです。しかし、そのうちオシャレな服装も最近ではすっかり板についてきて、「今日もカッコいいね!」と、周りからファッションを褒められるようになってきたとか。(^^)v


オトナの男性が今までの服装や髪型を思い切ってチェンジするのは、やはりかなりの勇気が必要です。最初の頃は家族や友人から否定的な意見もあるかも知れません。でも、そんな雑音をほんの数ヶ月の間辛抱していれば、周りの目も次第に馴染んできて、「この人はオシャレな人」というイメージが定着してしまうのです。

そうなってしまえばもうこっちのモノ!思う存分オシャレを楽しんで、モテ期の到来を期待しようではありませんか!


服装だけでなく、髪型だって同じ事。「少し薄くなってきたし、髪型なんてどうでもいいや・・・」なんて思わないで、まずはお近くの理容サロンにご相談ください。勇気を出して「薄毛を目立たなくして、若々しくみえる髪型に出来ないものでしょうかね?」なんて相談してみたら、思いがけず変身できてしまうかもしれませんよ!

カッコいい髪型にチェンジできたら、雰囲気に合った服装にチャレンジして、いつまでも色気のあるイイ男であり続けましょう。理容サロンは皆さんのそんな「ほんの少しの勇気」をお待ちしております!(^o^)/





カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

   

trackback

pagetop