November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

コスパ時代の理容サロンとは?

JUGEMテーマ:ビジネス


 私の感覚では、ここ松江の普通の理髪店のカット(総合調髪)料金はだいたい3,700円〜4,200円ぐらいが標準的な相場だと思っています。また、ヘアーカタログなんかを見ていると、都会の有名サロンなどは「カット料金6,300円」とか「1万5千円」なんてお店もあるみたいですね(汗)。さらに、それとは逆に、「カットオンリー 10分 1,000円」や「総合調髪1,890円」なんてスタイルの、低料金を売りにするお店も全国的にずいぶん増えてきました。(^^;)


 理美容サロンの仕事を「ビジネス」という観点から追求すると、最近では「10分間で1,000円の料金をいただけるのが理想的」とされているようです。なので、1,000円カットのお店の場合は、まさに理に叶った商売だといえそうです。1時間に6人のお客様をこなせば、6,000円の売上となり、当店のような普通の理容サロンで一人のお客様に1時間かけて3,900円の料金をいただいているよりも、断然効率の良い商売と言えそうですね。。。

 また、カット料金6,300円の高級店の場合も、「10分間で1,000円」のセオリーどおりの料金設定ということになりますが、お客様の感覚によっては、やはり「チョッと高いかな・・・」という感じかもしれませんね。さらに、1万円以上のカット料金のお店の場合は、カリスマ美容師さんのネームバリューがプラスされているという感じなのでしょうか?


 最近の20代は「コスパ世代」なんて命名されて、「コストパフォーマンスを重視した消費活動をする世代」なのだそうですが、世の中全体を見渡してみると、若い世代の皆さんだけに限らず、すべての世代の方々がコストパフォーマンスを重視する時代になっているといえそうです。言うなれば「コスパ時代」

 少し前までは、長引く不況の影響が大きく、とにかく「安さ」だけを重視する時代だったように思いますが、最近になってまた少し世の中の感覚に変化が見られるようになってきています。最近ではお客様の感性が研ぎ澄まされてきていて、「安さだけでは物足りない」という時代にいよいよ突入してきたように感じられるのです。(*^^*)

 つまり、「コストパフォーマンス」という言葉が象徴しているように、「値段相応か、またはそれ以上の価値」を感じられなければ、どれだけ安くても消費してもらえない時代になってきたと言えそうなのです!


 私たち理美容サロンの仕事は、お客様に提供する技術やサービスの内容が、それぞれのお店によって様々なので、一概にその「価値」を比較する事は出来ませんが、1,000円カットのお店で満足のいく仕上がりが短時間で得られるのならば、それはとてもコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょうし、1時間で4,000円の普通の理髪店で充実のフルサービスが得られれば、とってもお得な気分になる事でしょう。また、カット料金が1万円であったとしても、最高のヘアースタイルにしてもらう事が出来るのならば、お客様は大満足で「一万円でも安い!」と思うのかもしれません。(^^)v

 逆に、当店のような普通の理容サロンで4,000円前後の料金をいただいておきながら、お客様に満足してもらえる技術とサービスをしっかりと提供できない場合には、ただ単に「高いだけの床屋」という印象になってしまう事でしょう。また、どんなに安い料金であっても、納得のいくヘアースタイルにしてもらう事が出来ない場合にも、同様に「コストパフォーマンスが悪い」という結果になってしまうわけですね。(^^;)


 最近は、当店のお客様をはじめいろいろな方とお話させていただいていても、「散髪に対する価値観というのは本当に百人百様なんだな・・・」と感じさせられる事がしばしばです。当店も、もう15年近く料金の値上げはしていませんが、昔は標準的だったはずなのに、今ではすっかり高い部類になってしまった3,900円のカット料金(苦笑)。それでも「コストパフォーマンスの良い理容サロン」だとお客様に認識していただけるように、これからももっと努力していきたいと、あらためて決意する今日この頃なのでした。p(^^;)q

 皆さんにとって「コストパフォーマンスの高いヘアーサロン」って、どんなお店ですか?



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

   

trackback

pagetop