November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

お客様がサロンに来る理由

JUGEMテーマ:ビジネス


 昨年末の事。お取引させていただいているディーラの担当Sさんからのお話で、「お客様がサロンに来る理由って、何だと思いますか?」というのがありました。単純に考えてしまうと、「そんなの髪が伸びたからに決まっているじゃないですか!」と思ってしまいますが、Sさんによると「お客様がご来店になる『きっかけ』があるんですよ!」との事。

 さて、その「きっかけ」って一体何でしょう?

 例えば「奥さんや家族に『髪伸びたね』って言われる事」「結婚式やパーティーに出席するため」「彼女と大事なデートをするから」「伸びてきた根元の白髪が気になりだしたから」・・・などなど、ただ単に自分で「髪が伸びたな・・・」と感じてカットに行くよりも、「誰かに指摘されたり、誰かに会わなければならないから散髪する」というきっかけのほうが圧倒的に多いようなんです。

 その他にも、「髪はまだ伸びていないけど、眉毛の手入れをして欲しいから」「床屋のマスターと話をするのが楽しみだから」「なんだか疲れていて、ゆったりした気分で癒されたいから」なんていうお客様も結構いらっしゃいますね。

 もちろん「常にカッコ良くいたいから」「耳に少しでも髪がかかると気になってしょうがない」「お客様相手の商売をしているので常に清潔にしていたいから」なんていうお客様もたくさんいらっしゃいます。

 こうして考えてみると、髪を切る理由はお客様によってホントに千差万別。私たち理容師も、そのあたりの事をしっかりと頭に入れながら、日々の仕事に取り組まなければ・・・と、あらためて感じた次第です。(^^;)


 以前にも「マーケティング」関連の本を何冊か読んで、同じ様な事が書いてあったのを思い出しました。レストランに来るお客様は、ただ単に「お腹がすいたから」だけではなく、「恋人や友人と楽しい時間を過ごしたい」「誕生日など特別な祝い事があって、家族で久しぶりの外食」「仕事の戦略をじっくりと練るため」などなど、単においしい料理を出していればそれで良いというわけではないのです。お客様がお店をご利用になる本当の目的は、そのお店本来の営業内容とはかなりかけ離れている場合もしばしばあるようなのですね。

 散髪も同じ事で、お客様がただ単に「髪が伸びたから」という理由だけでご来店ならば、ただ単に短く切ってさしあげればいいだけのことですが、彼女や奥さんに指摘されてご来店の場合、その彼女や奥さんが「カッコいい!」「なんだか若々しくなったわね!」と思ってくれるようなヘアーカットでなければ、お客様の本当のニーズは満たされない事になります。

 話し好きのお客様にはお話をたくさん聞いてさしあげるとか、お疲れ気味で癒されたいお客様にはあまり話し掛けないでたっぷりとマッサージしてさしあげるとか、大事な会合をひかえているお客様にはいつもよりも丁寧に仕上げのセットをしてさしあげるといった、それぞれのお客様の本当のニーズに合ったサービスを提供できなければ、満足してもらえないという結果になってしまうかもしれないのです。


 「またあのサロンに行きたいから、早く髪伸びないかな・・・」なんていう具合に、お客様が散髪するのが楽しみでしょうがないと思ってくれるような理容サロンになれるように・・・。これからももっと気配りを大切にして、お客様の満足のために努力していかなければならないと、あらためて感じたのでした。(*^^*)v



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

 はるかさん、理容室デビューおめでとうございます。(^^)/

 女性のカットを断られてしまったとの事ですが、それはきっと
刈り上げの経験が少ない美容師さん同様、女性のカットの経験が
少ない理容師さんの場合、希望のスタイルに仕上げる自信が無いので
お断りされるケースもあるかと思います。
年配の理容師さんの場合、若い女性のカットだけでなく、若い男性
の「毛先の不揃いな無造作ヘアー」でさえも「うちではできません」
とお断りされるお店もあるとか。。。(^^;)ナンダカナー

 正直、私自身も、女性のショートスタイルならある程度できますが、
ロングのエレガントなパーマスタイルなどは、経験が全然ないので
以前にお断りさせていただいた事がありました・・・(涙)。
その女性も、美容院に満足できなくて、ネットで私のコラムを読んで、
気に入って下さって、何度かメールのやり取りをした上での事でしたが、
私自身も経験不足で中途半端なお仕事をさせていただくわけには
いかなかったので、やむなくお断りさせて頂いたのでした。(_ _;)

 お友達の話もありましがた、最近の女性は理容室にそれほど抵抗が
無いんでしょうかね?
昔は男性も美容室に行くのはかなり抵抗があった時代もありましたが、
最近の若い男性は美容室があたり前・・・みたいな感覚と似たような感じ
かもしれませんね。男女平等の世の中になってきましたし・・・(謎)。

 でも、うちのサロンに来てくれる私の同級生(女性)が、友達に
「その髪型ステキね。どこの美容院でカットしたの?」と聞かれて、
「同級生がやってる散髪屋だよ。紹介してあげようか?」と言うと、
そこから先へは全く話が進まないそうです(苦笑)。(^^;)
理容業界ももっとイメージアップを図って、女性のスタイルをもっと
勉強して、女性のニーズにしっかりと応えられるようにしていかなけ
ればなりませんよね!p(^^:)q

 ふと気が付いたのですが、女性のカットが得意な理容室の場合、
お店の造りが美容院風になっているパターンが多く、サインポール
(赤白青のクルクル)すらも設置していないお店も案外多いので、
はるかさんが「いかにも理髪店」という感じのお店を目指して行くと、
「女性のカットはやってないんですよ・・・」というお店に当たって
しまう可能性も高いのかな・・・なんて思います。
美容院風の床屋を探すのも逆に難しいかもしれませんが、メニューに
「シェービング」があるかどうかで判断できるので、店頭のPOPや幟に
「なでしこシェービング」なんて書いてあるお店なら、それはきっと
かなり勉強している床屋さんのはずです。(^^)v


はるかさんのような探究心旺盛な若い女性が「床屋さんで髪を切るのも
全然アリかも!」なんて情報発信してくださったら、きっと理容業界
のイメージもっと変わってくるのかもしれません。(*^^*)
はるかさんが良い理容サロンにめぐり合えるのを心より願っております。

今回、とっても嬉しいコメントをいただいたので、つい長文になって
しまい失礼いたしました。。。ありがとうございました。m(_ _)m

1/9に刈り上げのことについて色々とお聞きしました、はるかです。

今日のブログの文章を読んで、
なんて素晴らしい理容師さん!と
感動してしまいました。
こんなお店って、なかなかないですよね。

ところで、今日、初めて理容室へ行ってきました。どこのお店がいいのか全くわからず、
適当に近所の理容室へ。
カットをお願いしたら「女性のカットはしてないんです」と断られてしまいました。
なんでだろう〜
理容師さんが、年齢的に「おばあちゃん」みたいな方だったからかなぁ・・・とか思ってますが。店内が見えないつくりだったので判らず、入ってしまいました。

でも「顔剃りならできますよ」と言われ、お願いしました。人生初の顔剃りです。
すーーーーーーーーーっごく気持ちよかったです。至福のひとときでしたね。

カットもしてくれるお店探して、また理髪店に来よう!と、理髪店の良さを体験した一日でした。顔剃りだけで行くのもいいかも。

ちなみに、この前友達(女性)に「理髪店で髪切ってもらうの、抵抗ある?」って尋ねたら即効「全然ないよ」って返ってきましたよ。

女性のニーズも結構あるんじゃないかなぁという気がしていますよー。

特に、こちらのお店のように、しっかりした経営方針があるところなら、なおさら^^

うちの近くにこちらのお店があったら
絶対行ってます!

  • はるか
  • 2012/01/28 11:00 PM
   

trackback

pagetop