June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

宮本亜門の髪型がカッコいい!

JUGEMテーマ:ファッション


 最近何度かテレビで見かけた演出家の宮本亜門さん。昨日のお昼にも「笑っていいとも!」に出演していらっしゃいましたよね。現在54歳の宮本亜門さん(1958年1月生まれ)の髪型が、とっても若々しくてカッコいい!と思ったので、例によってまた勝手に解説させていただきたいと思います。(^^)/


 宮本亜門さんの最近の髪型は、簡単に説明するとソフトモヒカンのトップの部分をかなり長めにして緩めのパーマをかけたようなスタイル。ですが、いわゆるソフトモヒカンとは雰囲気が全然ちがっていて、かなりオシャレな印象を受けました。(*^^*)

 サイドとバックは地肌が透けて見えるぐらい短めに、ずっと上の方まで刈り上げてあります。ソフトモヒカンの場合、後頭部は「馬のたてがみ」の様にトップから繋がるセンターの髪の毛を長めに残すのが普通ですが、亜門さんの場合、後頭部もかなり上部までスッキリと刈り上げてありました。この部分がスッキリしているのは今の時代、逆に新鮮で、オトナっぽい清潔感を感じますね。

 トップの髪は緩めのパーマがかかっているようで(もしかしたらクセ毛かもしれませんが・・・)、ワックス系のスタイリング剤を使ってランダムな立ち上がりをつけて、パーマのウエーブを生かしながら天頂部に一番ボリュームがでるようなスタイリングになっています。前髪はパーマがほとんどかかっていない感じで、眉にかからない程度に長く、毛先をまとめる様にして左サイドから右に向けてナナメにぺタッと下ろしてありました。

 攻撃的なイメージになりがちのソフトモヒカンとは違って、前髪とトップにある程度長さがある上に、パーマを上手く生かしたスタイリングがとってもオシャレで、ビジネスシーンにもばっちり通用する、かなり好感度の高いヘアースタイルだと思いました。宮本亜門さん自身が元々若く見えるタイプの方かもしれませんが、54歳という年齢を全く感じさせない若々しいヘアースタイルは、皆さんにもぜひチャレンジしてみて欲しいですね。(^^)/


 さて、今回ご紹介した宮本亜門さんの髪型ですが、前回私が書いた記事「2012年メンズヘアーの流行を今年も大胆予測?!」の内容に、実はピッタリとあてはまっているのです!これまでは本田圭佑選手のような短めなソフトモヒカンが大人気でしたが、サイドとバックは短いカリアゲをキープしたままトップの髪を長めにして、パーマで毛先を遊ばせたヘアースタイル・・・まさに「セクシーな男らしさ」がこれからの新しい流れになってくる予感です。(*^^*)v




カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

たけさん、コメントありがとうございます!(^^)/

宮本亜門さんはセルフカット派なんですね。
では、あのトップのウエーブも天然の可能性が高いですね。
貴重な情報本当にありがとうございます!

もしかしたら、定期的にサロンでカットしてもらって、
サイドとバックは自分で常に短くキープしているのかも
しれませんね。
でも、なかなか器用で大した方だと思います。

ちなみに私も、ここ2年ぐらいセルフカットでして、
2週間に1度はバリカンでサイドとバックをサッパリと
カットしてます。(^^)v

初めまして
初めてコメントさせていただきます

宮本亜門さんは自ら散髪されているみたいですよ

数年前週刊誌のマイバックの中身を紹介するコーナーでバリカンが入っていて

10日に一度公演で各地をまわる為
自分で鏡を見ながらと話していましたよ

  • たけ
  • 2012/04/12 6:17 PM
   

trackback

pagetop