January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

読書の秋 〜ビジネスは飲食店に学べ

JUGEMテーマ:オススメの本


 早いもので今年ももう11月に突入して、秋もいっそう深まってきました。秋といえば食欲の秋、芸術の秋、オシャレの秋などなど、楽しみ方も人それぞれでしょうが、やっぱり秋の夜長を楽しむならば「読書の秋」ですよね!私も一年ほど前からふとしたきっかけで、休日の月曜日には松江市立図書館に通うようになり、気になった本を手当たり次第に借りてきては読み漁っています。(^^)


 読書の秋にはもっと文学的な作品を楽しむべきかもしれませんが、私にとって今一番の関心事は、やっぱり仕事の事(苦笑)。いわゆるビジネス書といわれるような企業経営に関する本やサービスやマナーに関する本、広告に関する本などを中心にあれこれ読んで勉強しているところです。(^^;)

 ですが、私たち理美容業界に特化した本なんていうのはその種類も圧倒的に少なく、特に図書館にはおいてない場合がほとんど。松江市立図書館にも何冊かはあったので、それらを全部読んでしまった後は「何か参考にできないかな・・・」と、他業種について書かれた本をなんとなく読んだりしていました。

 そんな中で、圧倒的に種類が多いのが飲食店経営に関する本。私たち理美容店も「コンビニよりも人口に対する店舗数が多い」なんて言われていますが、飲食店の場合はもちろんそんな比ではなく、もっとたくさんの店舗がお客様獲得の為にしのぎを削りあっている状況。そんな飲食店がお客様にいかに満足していただくかを試行錯誤する過程は、私たち理美容業界においても参考にならないはずはありません。(^^)/


 最近読んで特に面白かったのは、「ラー油とハイボール 〜時代の空気は「食」でつかむ(子安大輔 著)「『お通し』はなぜ必ず出るのか 〜ビジネスは飲食店に学べ(子安大輔 著)」の2冊。あと、「そのお店、いまなら再生できます(中島武 著)」という本もかなり刺激的でした。さらに「定年後は心なごむレストランを始めよう(山本茂夫 著)」なんて本も案外勉強になったりました。(*^^*)





 「ラー油とハイボール」の中で著者は、外食産業が大手進出により調理の過程が合理化されていく副作用として、腕の良い料理人が働く場所を失うケースが増えている事を危惧しています。私たち理容業界でも近年、低料金サロンの台頭によって、自分の店を閉めて泣く泣く低料金サロンに就職する理容師が増えているという現実にも似たような状況かもしれません。。。(_ _;)

 しかし、同じ本の中で著者は、「スナック」のような、人と人とがコミニュケーションを深める事が出来る場所が再び注目されるような時代がやってくるとも予測しています。なにかと合理化が進む現代社会において、SNSやfacebookやtwitterなどがこんなにも流行する背景には、やはり人間同士のつながりに飢えている人たちが増えてきているからに他ならないのではないでしょうか。


 私は、「理容サロン」もそんなスナックのような、人間同士がつながりあえる暖かい場所の一つではないかと思うのです。昔は「床屋」といえば世の中の情報が一番集まる場所として、用も無いのにご近所の人々が集っていた・・・なんて話もあったりしますが、またこれからの時代、理容サロンがそんな場所の一つとして再び注目されるようになってきたら良いなと想っています。(*^^*)v

 私もなかなか「気の利いたスナックのママさん」の様にはなれないかもしれませんが(笑)、お客様が「私に会いたくて」ご来店してくださるようになれれば幸せかな・・・。いつかはそんな風になれるように、もっと読書をして自分自身を深めていきたいと思っています。(^^;)


 皆さんは読書の秋にどんな本を読みたいですか?



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop