March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

どこまでがカリアゲ?

JUGEMテーマ:ファッション


 カリアゲブームの到来で、このところ短めのヘアースタイルのオーダーがグッと増えてきました!私たち理容サロンにとっては、待ちに待っていたブームの到来と言えそうです。(^^)v

 しかし、一口に「カリアゲ」と言っても、その表現の幅は多種多様。私たちヘアースタイリスト側は、お客様の思い描いているイメージに合わせて髪形を創っていかなければなりませんが、単に言葉で「刈り上げて!」とか「短めに!」と言われても、お客様のイメージどおりに一発でキメるのはなかなか難しかったりします。。。(^^;)


 「刈り上げ」とは、難しい言葉で定義すると「起毛した短い毛髪の切断面の連続で形成された面」の事をさします。なので、バリカンやハサミで思いっきり短く刈って、地肌が青々と透けて見える状態の「いかにもカリアゲ」ももちろん刈り上げですが、地肌が透けて見えない程度に長めに刈った状態でも「起毛状の切断面が連続した面」であれば、それは刈り上げのうちに入るのです。

 なので、お互いの認識にズレがあったりすると、お客様から「刈り上げにならない程度に短めにして!」とオーダーされて、刈り上げにならないようにギリギリのカットをしても、「こんな感じでどうでしょうか?」とお聞きすると、「いや、周りはもっと短くして欲しいんですけど・・・」なんていうこともしばしば。(^^;)

 また逆に、「短めに刈り上げてください!」とオーダーしたら、いきなり青々と地肌が透けて見えるようなカリアゲにされて、「こんなに短くするつもりはなかったんだけどな・・・(涙)」なんて事も、お店によってはあるんでしょうね。。。(_ _;)


 こんな事態にならないためにも、お客様とスタイリストの事前のカウンセリング(打ち合わせ)はしっかりとしておきたいものですね。お客様側にあらかじめ明確なイメージがあるのであれば、ヘアーカタログの写真などで「横と後ろはこのぐらいの感じでお願いします」というオーダーの仕方が一番良いと思います。ヘアーカタログのモデルさんの髪型全体のイメージはチョッと違っていても、サイドやバックの雰囲気とか、前髪やトップの雰囲気など、部分的なイメージさえきちんと伝われば、担当スタイリストさんもお客様の理想のイメージに近づけやすいと思いますよ。(^^)

 また、お客様の髪質によっては、「ほんのチョッとだけ刈り上げて!」と希望されても、サイドの髪がものすごく立ちやすかったりすると、上の方の髪のおさまりがとっても悪くなったりするので、思い切って上のほうまでスッキリと刈り上げるか、もしくは刈り上げない方が良かったりする場合もあったりします。こんな場合も、スタイリストさんのアドバイスを聞きながら、妥協点を見つけて、一緒に理想の髪型に近づけていく事ができると良いですね。(*^^*)v


 たかがカリアゲ、されどカリアゲ。その表現の幅は驚くほど広かったりするので、自分に合った理想のショートスタイルを一緒に創っていきましょう!オトナの男のショートヘアーならば、やっぱり理容サロンが皆さんの強い味方になるはずですよ!

 この秋も男らしい髪型でオシャレを楽しみましょうね!(^^)/



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop