June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

すべてはネーミング

JUGEMテーマ:オススメの本


 このところしばらく図書館から足が遠のいていましたが(汗)、最近になって、また少しずつ本を借りてきては暇を見つけてボチボチ読むようにしています。やっぱり読書はいいですね。若い頃は本なんて全然読んでいなかったのですが、この歳になって活字に目覚めた私です。。。(*^^*)>

 さて、今回も松江市立図書館から8冊ほど借りてきたなかの1冊をご紹介したいと思います。その本のタイトルは「すべてはネーミング」(岩永嘉弘 著)。





 筆者の岩永さんは、早稲田大学第一経済学部新聞学科を卒業後、週刊誌の編集記者、明治製菓の宣伝部を経て、岩永事務所を主宰。広告制作の最前線でコピーを書き続ける一方、ネーミングの第一人者として活躍されている方なのです。


 岩永さんがネーミングを手がけるようになったきっかけは、あの「11PM」という深夜の大人向けバラエティー番組(シャバダバシャバダバー、なつかしい〜)。その番組の中で、広告制作現場のパロディーとして「ふんどしに新しい名前をつける」という企画があったそうです。「ふんどしという名前が滑稽で、女性受けも悪いから売れないのではないか」という巨泉社長の意を受け、様々なネーミング案が飛び出すも、なかなかこれといった名前が決まらない。「洋風でありながら、一方で日本を表現した魅力的な名前」というハードルの高い要求に、岩永さんがつけた「Japants」というのがめでたく採用となったそうです。(^o^)/

 深夜番組中のコメディーとはいえ、番組放送後の反響がものすごかったとか。一週間後には岩永さんのもとに、出版社のKKベストセラーズから「ネーミングに関する本」のオファーがあったそうなのです。これをきっかけとして、本格的に仕事として「ネーミング」に関わるようになったとか。

 そんな岩永さんの手がけたネーミング。日立洗濯機の「からまん棒」。PHSサービスの「ASTEL」。新宿駅ビル「MY CITY」。西友系食品専門スーパー「FOO:D magazine」。・・・などなど、皆さんがよく知っている名前も、この岩永さんが名付け親だったりするのです!

 この本の中では、そんな岩永さんのネーミングに対する想いや発想の仕方などが、あらゆる角度から語られているので、なるほど・・・と、感心させられます。言葉の足し算や掛け算・ダブルミーニング・語感の面白さ・ロゴにしたときの文字の座り具合・・・などなど、色々な方法でたくさんの候補を創り出した中で、これだ!というものを見つけていく作業は、単なる「思い付き」とは全く違うプロの手法なのだと感じました。(^^)v



 さて、私たちの理容サロン業界でも、つい最近、「女性のお顔剃り」の新しいネーミングが話題になっています。ツイッターでやり取りをしている理容関係のみなさんの間で「これ、イイんじゃない?!」と盛り上がってきたそのネーミングは・・・

   「なでしこシェービング」 詳細は「理容よもやま話」





 女子サッカー世界一という快挙を成し遂げた「なでしこジャパン」にあやかっているな・・・という印象を持つ方も多いかと思いますが、「すべてはネーミング」を読んだ私が勝手に分析させていただくと、「なでしこ」という「日本人女性のかわいらしい美しさ」を象徴する言葉のイメージが、今回のなでしこジャパンの活躍によりさらに高められたこの時期には非常にタイムリーなネーミングであり、尚且つ、今後も流行に左右されて色あせたりする事のない絶妙な言葉だと感じています。

 ネーミング次第で、商品やサービスの印象は大きく変わるもの。この「なでしこシェービング」という新しいネーミングで、世の女性たちの理容サロンに対するイメージが、グッと良くなっていくことを期待しています!理容サロンブームがやってくる要素が、これでまた一つ増えた感じですね。(*^^*)v


 さらに、理容室ならではのアイロンパーマ技術も、いつの頃からか「パンチパーマ」のイメージが強すぎて敬遠されがちになってきていましたが、最近は「スタイリングアイロン」など、これまでとはちがったイメージのネーミングでもう一度アイロン技術の良さを知ってもらおうという取り組みも広がりつつあります。

 アイロンパーマ特有の形状記憶効果を売りにするなら、うちのお店は「i-スタイリング」というネーミングにしようかな・・・と思案中。。。アイロンとインテリジェンス(形状記憶のイメージ)の頭文字「i」をつけるとi-phoneやi-pad みたいでイマドキな感じ。形状記憶効果で毎日のスタイリングが手軽になるというのが一番のウリだから、あえて「アイロン」とか「パーマ」とはっきり表現しなくても良いのでは・・・。でも、こちらは流行に左右されてしまう可能性もあるネーミングかもしれませんね。(^^;)



 何はともあれ、きっとこの夏「なでしこシェービング」という絶妙なネーミングが理容サロンのイメージアップにつながることでしょう!さあ、皆さんも彼女や奥さんに「なでしこシェービング」オススメしてみてはいかがですか?(^^)/



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop