March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

バリカンはそれほど好きじゃない

JUGEMテーマ:ファッション


 いつかはまた80・90年代のようなカリアゲブームがやってくる!と信じていましたが、ついに本格的なメンズショートヘアーのブームが到来していますね。1〜2年前ぐらいから、流行に敏感な若い男性達の間でツーブロックカットやボウズスタイルなどの短い刈上げ表現を取り入れた髪型が徐々に増えていましたが、昨年に続くこの夏の猛暑と、震災の影響による節電ムードで、これまで長めだった髪をバッサリと短く切る覚悟を決めた男性も急増中のようです。(^^)v


 もしかするとカリアゲ=バリカンというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、理容師である私自身は、実はバリカンを使って刈り上げる仕事はあまり好きではなかったりします。。。もちろん、お客様の好みにもよるので、「バリカンで思いっきり短くやっちゃってください!」と注文されれば、そのようにカットしますし、バリカンならではのシャープなラインもヘアースタイルの表現として必要な場合が多々あります。ですが、個人的にはハサミを使って丁寧に刈り上げるというのが、やっぱり一番ヘアースタイル表現の幅が広がるような気がしているのです。(*^^*)v


 ご存知のように、人間の髪の毛というのは全ての部位が均一に生えているわけではありません。場所によってその密度にムラがあったりします。さらに、部分的にアタマの形がデコボコしている場合もかなりあるので、バリカンで均一な短さにカットしてしまうと、生え方のムラや頭のデコボコがそのまま目立ってしまう場合も少なくありません。。。(^^;)

 たとえば、以前は低料金の床屋さんに通っていたというお客様に聞いた話ですが、襟回りはいつもバリカンでガーっと短くされていたにもかかわらず、職場の女性たちに「なんだか左右の長さが違うみたい・・・」と何度も指摘されてイヤになったとか。。。当店でカットされるようになってからはそんな事もなくなって満足していらっしゃるみたいです。(^^)v


 ハサミを使って刈り上げる場合は、毛の密度やアタマの形を考慮しながら、カリアゲの色彩とシルエットの妥協点を見極めて整えていく事が出来るので、見た目の仕上がりは断然良くなるのです!また、バリカンだと3mmとか6mmとか一定の決まった長さになってしまいますが、ハサミなら0mmから徐々に長くして・・・なんてことも自由自在。さらに梳きバサミで刈り上げてソフトな質感を出すなんて事も出来ます。(^^)

 なので、たとえバリカンで丸坊主にしたり刈り上げたりする場合でも、最終的にハサミを使用して微調整する事でヘアースタイルの完成度もグッと高くなるわけです。ほんの0.数ミリの違いかもしれませんが、人間の目(あるいは感覚)というのは、それをちゃんと見分けて違和感を感じたりしているんですよね。だから完成度の高い髪形というのは、ひときわカッコ良く見えるんですよ!!!


 ですが、「バリカンはとにかく早い」という事で、長時間座っているのが苦手なお客様などは「バリカンでいいよ!」と言われるケースもよくあります。また、「思いっきり短くしたい!」という方などには、0.4mmのバリカン(当店で一番短いヤツ)を使用して、ハサミだけでは表現できないシャープでクールなカリアゲスタイルを創ったりもするので、結局、バリカンもハサミも目的に応じて使い分けているという感じですね。。。



 そんなわけで、皆さんも今年の夏は思い切ってカリアゲスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?理容サロンで理容師のハサミによるカリアゲテクニックをぜひ堪能してみて下さい。(*^^*)v



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop