October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

JUGEMテーマ:オススメの本


 またまた松江市立図書館で借りてきた本がけっこう面白かったので、ここでご紹介したいと思います。(^^)/


 「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」というこの本、うれたまちゃんこと、広岡商事の新規企画室に勤める売多真子が、前任者が立ち上げたイタリアンレストラン「リストランテ・イタリアーノ」の赤字改善を全面的にまかされてしまうという物語。

 本書は気軽に楽しく読める内容なので、物語として楽しむのもアリなのですが、うれたまちゃんの物語を通して「マーケティング」について非常に分かりやすく解説してある良書でもあるのです!(^^)


 「お客様は、おしゃれ感とか、楽しさとか、そういう『価値』にお金を払ってるんだ」「あ、それがイタリアンレストランの価値!だから料理がよければいい、っていう私の企画案じゃダメなんだ・・・」「正確にいえば、料理『だけ』じゃダメだ。料理も含めた『価値』だな。もう一度周りを見てみろ。お客様はどんな価値にお金を払ってる?」

 ・・・といったやり取りの中に商売のヒントがたくさん盛り込まれた内容になっています。MBA&中小企業診断士でもある筆者が、要所要所で物語の進行に合わせたマーケティングの解説をはさんでいるので、私のような素人にもマーケティングについてとてもすんなりと理解する事ができました!(*^^*)


 本書の中で筆者は「知っておくべきたった5つの重要なマーケティング理論」として、次の5つの項目について分かりやすく解説しています。

 1.ベネフィット・・・お客様にとっての価値

 2.セグメンテーションとターゲティング・・・お客様を「価値」でくくる

 3.強み・差別化・・・競合との「価値」の差

 4.4P・・・「価値」を実現し対価を受け取る 売り物・売り方・売り場・売り値

 5.想い・・・提供する価値を通じて、世の中にどう役に立ちたいのか


 最後に筆者は、「この5つの中で、全ての項目に通じる最も重要な『核』となるのが『想い』である」と、まとめています。「想い」を中核にした一貫性と具体性・・・強い戦略は美しい!と。


 この本で学べるマーケティング理論はイタリアンレストランが舞台にはなっていますが、私たち理容業界にももちろん役立つ内容ですし、あらゆる商売に携わる方々にぜひ読んで頂きたい本だと思いました。私もさっそく自分の理容サロンでの仕事に役立てたいと思っています。物語が面白いので本当にサラッと読めてしまいますよ!このままドラマ化してもいいんじゃないかな・・・(*^^*)




 「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」
 著者 佐藤 義典(MBA&中小企業診断士)
 2010年10月10日 第一刷発行 青春出版社



 ちなみに、昨年かなり話題になった「もしドラ」も、こんな感じの読みやすい本なのかな〜と想像したりしました。「もしドラ」も市立図書館に入っているようなのですが、いつも貸し出し中のためか、まだ一度もお目にかかれません。いつか必ず見つけて読んでやる!・・・って、図書館の貸し出し予約もできるみたいなのですが。。。(^^;)


カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

道具屋さん、いつもありがとうございます!(^^)

この本、じつは「ドリルを売るなら穴を売れ」
という本のリメイクだそうで、物語の内容はほとんど
同じらしいです。
マーケティングに関する解説はバージョンアップ
しているようですが。。。

なので、BOOK OFFで探すなら、「ドリル・・・」
の方が見つかりやすいかも知れませんね。(^^)

面白そうな本ですね!
まだ新しいからBOOK OFFには出てないかな?(笑)
見かけたら買ってみますね!

   

trackback

pagetop