October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
       

男がイメチェンする勇気

JUGEMテーマ:ファッション


 私自身が髪型を大胆にイメチェンしてからそろそろ半年。最近は周囲もだんだん「この人はこういう人だ」という認識になってきたようで、誰も何も言ってくれなくて少し寂しいのが玉に瑕。。。(苦笑)

 ですが、私のへアースタイルが元になってお客様や知り合いの方々とあれこれお話していると、案外「変身願望」をもっているオトナの男性が多い事にビックリさせられます(@o@;)


 私のように「長く伸ばして結んでみたい」という方は、私よりも一周り上の50代の男性に多くみられるようです。70年代のフォーク・ロックブームに青春時代を過ごした皆さんの想いなのでしょうか。。。しかし、仕事の事情や毛量の事情(?)などでなかなか挑戦できない方も多く「一度やってみたいけど、結べるほど長く伸びるまでとても我慢ができない!」という方も・・・(^^;)

 「短くして金髪や銀髪にしてみたい」という声も結構ありました。「中途半端な白髪がイヤで、どうせなら全部真っ白にしたい」という方はかなり多いのですが、「一回全部金髪にしてみたい」という願望も50代・60代の男性にはあるようです。北野武さん、所ジョージさん、小堺一機さんなど、オトナの男性芸能人の方のヘアスタイルとヘアカラーをみて「いいな〜」と思っている方も少なくないようですね。

 「スキンヘッドにしてしまいたい」という方は、薄毛が進行中の方に時々いらっしゃいます。「いっそのこと全部剃ってしまえば楽なんだけど、嫁さんと娘が「絶対ダメ!!!」って言うんだよな〜」という話も何度か聞いた事があります・・・(^^;)

 その他にも、「パーマをかけてみたい」「髪の色を明るくしてみたい」「流行のソフトモヒカンにしてみたい」など、ほんのチョッとしたイメチェン願望があっても、オトナの男性にとって実践するにはかなりの勇気が必要なようで、あれこれ悩んだ末、結局、現状維持に踏みとどまっている方のほうが大半のようですね。。。


 実際、多くの皆さんの場合は大胆なヘアスタイルへチェンジするのは仕事上不可能な場合が多かったり、家族の反対があってできなかったり、職場や友人の「冷やかしの声」が怖かったり・・・などなど、「イメチェンしてみたいけどなかなかできそうにないや・・・」と諦めてしまう方が非常に多いのがとても残念。。。(_ _;)

 なので、一気に大胆なイメチェンが不可能ならば、せめてまわりに気づかれない程度の「ささやかなイメチェン」から始めてみませんか?

 たとえば、「白髪染めのついでに1〜2段階髪の色を明るくしてみる」とか、「トップに軽くボリュームが出る程度のパーマをかけてみる」とか、「段階的に少しずつ短く(あるいは長く)していく」などなど、気分転換程度のプチチェンジで終わるも良し、半年後には大変身を目指して徐々にバージョンアップするも良し。まわりの人たちに干渉されない程度のイメチェンがオススメです(^^)/



 私は理容師としてヘアサロンで仕事をしているので、自分の髪形は「何でもアリ」というか「もっと目立つヘアスタイル」にするべきかな・・・なんて最近では思っています(*^^*) 現在の「サムライ・ツーブロックスタイル」にしている事で、周囲の人々に対して強烈な印象を残すことができているような気がするので、宣伝効果としてはかなりのモノなのでは・・・と、自分では感じています。なので、新鮮さが感じられなくなる前にまた何か変化をしていかなければ・・・という焦りも感じていますが(^^;)


 さあ、歳をとったからといって地味にまとまってしまう必要は全然ありません!こんな時代だからこそオトナの男も派手にカッコ良く活きましょう!大人のオトコのヘアスタイルチェンジならお近くの理容サロンにぜひご相談ください!

 これからの人生もっと楽しみましょうよ!(*^^*)/



カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


comments

そふとさん、いつもありがとうございます(^^)

当店のお客様も「いつもぐらいで」と言われる方がほとんどで、
もっとこちらからヘアスタイルの提案をしなければ・・・とは思う
のですが、実際のところはなかなか難しいですよね・・・(^^;)

でも、潜在的に「変身してみたい」という願望が意外に多そうなので、
その意識をもっと上手に引き出して差し上げられたらな・・・と
思ったりしています(*^^*)

内田裕也さん、人生すべてがロックンロールでカッコイイ!
なんか、バック・ツゥー・ザ・フューチャーの博士みたいに
なってますが・・・(^^;)

そふとです(^-^)
お客様は、
「いつもぐらいで」
とおっしゃる方がとても多いです。
あだちサンのblogを読むと、本心はもっともっと色んな事をしてみたくて、私達技術者はそこをうまく引き出して差し上げないといけないんだな〜と思いました。

今朝、事業仕分けのニュースで内田裕也さんを見ましたが…
こんな感じいかがですか?てうちのお客様に提案したら、どんな顔されるかな(*≧m≦*)

   

trackback

pagetop