November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
       

薄毛をカバーするヘアースタイル 10のアイデア


 前回は「5歳若く見せる男のヘアースタイル」のアイデア集をご紹介しましたが、今回は「薄毛をカバーするヘアースタイル」についてまとめてみましたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。薄毛に悩んでいるオトナの男性の方も、ほんの少し目先を変えるだけで、意外と目立ちにくくなるものなのです!




 1.思い切って短くする

 2.あえて立たせてみる

 3.ソフトモヒカンでキメる

 4.ボウズヘアに挑戦

 5.やっぱり隠したい・・・シチサンでカバー

 6.やっぱり隠したい・・・オールバックでカバー

 7.やっぱり隠したい・・・フォワードシェイプ

 8.白髪を染めてみよう

 9.パーマでボリュームUP!

 10.究極はスキンヘッド?!




 1.思い切って短くする

 髪が薄いのを気にしている方は、全体的に長めのスタイルにしている方が案外多く見受けられます。しかし、それがかえって逆効果になっている場合もかなりあるようです。特にサイドやバックの「毛量の多い部分」が長く(厚く)なってくると、かえってフロントやトップの薄毛部分が目立ってしまうのです。

 人間の目は「相対的」に物を見る性質があります。毛量の多い部分と薄毛部分の差ができるだけ少ないほうが、実は薄毛部分が目立ちにくくなるのです。つまり、サイドやバックの毛量の多い部分を「地肌が透けて見えるぐらい」に短く刈り上げたり、多めに「梳き」を入れる事で、トップやフロントの毛量の少なくなった部分を目立ちにくくすることができます。

 また、トップやフロントの薄毛部分も、極端に長く伸ばすよりも、多少短めにカットしたほうが、ボリューム感が出やすくなって良い場合もあります。長く伸びすぎてペタンコな髪の間から地肌が透けて見えるよりも、全体的にふんわりと立ち上がるぐらいのショートスタイルの方が薄毛を意識させない効果が期待できますよ!


 2.あえて立たせてみる

 前の項目でも少し触れましたが、長めでベタッとなでつけたスタイルよりも、思い切って全体をスポーツ刈りより少し長めぐらいのショートスタイルにして、髪を立たせてみましょう。サイドやバックの毛量の多い部分を「地肌が透けて見えるぐらい」に短く刈り上げた上に、トップやフロントも立たせて「全体的に地肌が透けて見える状態」を作ってしまうと、薄毛部分は案外気にならなくなるものです。ブラックマヨネーズの小杉さんなどは良い例ですね。


 3.ソフトモヒカンでキメる

 若者のヘアースタイルというイメージもあるかも知れませんが、40代・50代の男性にも絶対オススメなのがこのスタイルです。センターに寄せぎみにスタイリングするトップのモヒカン部分で、薄毛をオシャレにカバーできます。サイドとバックはスッキリと短く刈り上げるのがオススメですよ。

 このスタイルは「トップの毛は前方向に流しながらセンターに寄せ集める感じ」でスタイリングするので、カットの仕方とスタイリング次第では、額の生え際も上手くカバーできる場合もあります。是非、担当スタイリストさんとじっくり相談してチャレンジしてみてください!


 4.ボウズヘアに挑戦

 ここ数年人気のボウズヘアーですが、「潔くてイイ!」と女性達にも評判がいいようです。思い切って全体的に短くすればするほど、薄毛部分は目立ちにくくなります。ですが、バリカンで均一に短くしてしまうよりも、ハサミを使って薄毛部分はほんの少しだけ長さを残すようなカットをしてもらいましょう。理容師のウデ次第で、かなりカッコ良い感じになれるかもしれません(^^;)v


 5.やっぱり隠したい・・・シチサンでカバー

 これが一番スタンダードな手法かもしれませんね。サイドの毛を長めに伸ばしてトップやフロントの薄毛部分をカバーするスタイルです。欠点はバーコード状になりやすい事と、あまり若々しくは見られない事でしょうか・・・。スタイリングができたら、ヘアスプレーなどで固めておいた方が良いですね。


 6.やっぱり隠したい・・・オールバックでカバー

 薄毛が気になるのが天頂部だけの場合、前髪を少し長めに伸ばして、バックスタイルにしてしまうと、天頂の薄毛部分をカバーできます。シチサンの場合と同じですが、スプレーなどで固めてスタイルを固定しておきましょう。


 7.やっぱり隠したい・・・フォワードシェイプ

 額の生え際が気になっている方は、前髪を下ろすことで多少カバーできると思いますが、いっそのことフォワードシェイプで若々しくキメてみませんか?最近の若者に人気の「トップからフロントにかけてすべて前方向に流した」スタイルです。スタイリングのコツは、ベタッとしないようにワックスやスプレーを上手に使ってふんわり立ち上がりをつけることですね。


 8.白髪を染めてみよう

 白髪が結構多くなっている方は、思い切って染めてみてはいかがでしょうか?白髪の白い色自体が地肌と馴染んでしまって、必要以上に薄毛を強調してしまっている方も数多くみられます。白髪を黒く染める事で、髪の毛の存在感が格段にUPするので、それだけで髪が増えたような印象になるのです!
ヘアカラーによるアレルギーの心配のない方は是非挑戦してみてくださいね。


 9.パーマでボリュームUP!

 「薄くなってきたからもうパーマはかけたくない」という方もいらっしゃいますが、やはり直毛よりも多少のウエーブがあったほうが、髪全体の量感をUPさせる事ができるので、挑戦してみる価値はあると思います。パーマをかけると余計に毛が抜けそう・・・という不安を抱いている方も結構あるかと思いますが、パーマ液が直接脱毛につながっているケースはほとんどないと思いますよ!


 10.究極はスキンヘッド?!

 スキンヘッドに挑戦できる方は少ないかもしれませんが、これは究極の薄毛カバースタイルと言っても過言ではありませんね。一度剃ってしまえば、後は毎日ヒゲ剃りの要領でお手入れするだけで、ずっとスタイルを経済的に維持する事ができます。職場や家族の理解が得られる方は挑戦してみてください。日やけとケガの対策用にボウシは必需品となります。




 「薄毛が目立ちにくくなる」=「若々しく見える」ということで、どうせならカッコ良くキマるスタイルを担当スタイリストさんと一緒に模索してみてくださいね。

 「カッコ良くなりたい」という気持ちを持つ事が、あなたをより若々しくしてくれるはずです!
まずは理容サロンで気軽に相談してみることから始めませんか?!




カットルームあだち 比津店
島根県松江市比津町465−6
TEL 0852-26-8009


人気ブログランキングへ←参考になったらポチッとお願いします!


pagetop